GLAM Editorial

2022.03.10(Thu)

泣きぼくろの持つ意味とは?ほくろアートメイクでおすすめのクリニック3選も紹介

 

泣きぼくろってなんか魅力的だなぁ、私も欲しい‥。

 

と泣きぼくろがある人を見ては「自分も泣きぼくろがあったらもっと可愛くなれるかも!」と思う方はきっと多いのではないでしょうか。

 

たしかに泣きぼくろはどこかセクシーな印象ですし、ただのほくろよりも格上な印象。

 

泣きぼくろに憧れて、毎日のメイク時にアイライナーなどを使って「ほくろメイク」をする女性もいるのだとか!

 

実は、アートメイクで泣きぼくろを入れることはとても簡単

 

ワンポイントのアートメイクですから、施術時間も短く費用もお手頃なのです。

 

今回の記事では、泣きぼくろをテーマに、泣きぼくろの意味や、泣きぼくろをアートメイクで入れるメリットとデメリットなどについて解説します。

 

あわせて泣きぼくろアートメイクでおすすめしたいアートメイククリニックも紹介します!

 

安全性の高いアートメイククリニックをチェック

泣きぼくろとは

目の下にあるほくろは、通称「泣きぼくろ」と呼ばれ、男女共に泣きぼくろに対して「セクシーで魅力的」と肯定的なイメージを持つ方はとても多いです。

 

泣きぼくろと呼ばれる理由は、ほくろの位置が涙の流れる位置にあるから。たしかに目の下のほくろなので納得ですね。

 

泣きぼくろは目の下であれば細かな位置などに指定はなく、目尻よりにある泣きぼくろや、黒目の真下にある泣きぼくろ、そして下まぶたのきわ部分にある泣きぼくろなどがあります。

 

泣きぼくろの持つ意味とは

ほくろ占いという言葉を聞いたことがある方もいると思いますが、ほくろにはその位置によってさまざまな意味があると言われています。

 

開運効果を求め、ほくろをメイクで描き足したり、逆にほくろを除去したりする人もいるくらいですから、ほくろの持つ意味に興味を持つ人は決して少なくありません。

 

泣きぼくろに関しても、どの位置にあるかによってほくろの持つ意味が変わるとされており、その人の運勢を表しているとも言われています。

 

泣きぼくろの意味には諸説ありますが、一般的に「左目の泣きぼくろ」はセクシーな女性に多いと言われており、「右目の泣きぼくろ」は恵まれた恋愛運を持っている人に多いと言われています。

 

どちらにしてもネガティブな意味ではないこと、そして見た目に可愛いからという理由で、泣きぼくろを欲しいと感じる方がたくさんいるのでしょう。

 

泣きぼくろが欲しいなら選択肢は2つ

泣きぼくろが欲しいと思ったら、選ぶべき選択肢は2つです。

 

・メイクでほくろを描く
・アートメイクでほくろを作る

 

どちらも確実に「泣きぼくろがあるように見える」点では変わりません。

 

ここで、それぞれの選択肢についてもう少しくわしく解説しておきましょう。

 

1.メイクでほくろを描く

メイクでほくろを描く女性は割と多いです。

 

泣きぼくろだけでなく口元のほくろなどもとても印象的で、憧れる方の多い人気ほくろ。

 

毎日メイクの際にアイライナーを使う方は多いですが、アイラインを引くついでにペン先でワンポイントのほくろを描くことは簡単。

 

ほくろは「点」なので、メイクでほくろを描く際にスキルは求められませんし、誰にでも簡単にすぐやってみることができるのは嬉しいですね!

 

2.アートメイクでほくろをゲット

アートメイクは、専用の針で皮膚の表面にある表皮部分に色素を注入することで、「消えないメイク」を実現する施術の名称です。

 

アートメイクで最も人気のある施術部位は眉毛ですが、眉毛以外にもアイラインやリップなどの箇所に入れることが可能。

 

同じ方法で、アートメイク施術でほくろを入れてしまえば、そのほくろは洗顔しても消えることはありません。

 

ただし、アートメイクの持続期間は長くても2年ほど。時間の経過と共にだんだん色褪せてくるのは、ほくろに限らず全てのアートメイクに言えることです。

 

医療アートメイクでおすすめのクリニックをチェック

泣きぼくろアートメイクのメリットとデメリット

泣きぼくろをアートメイクで入れるメリットとデメリットについて解説しておきましょう。

 

泣きぼくろアートメイクのメリット

泣きぼくろのアートメイクのメリットは大きく以下の2つです。

 

・水に濡れても消えることがない
・毎日メイクで描き足す手間が省ける

アートメイクがこれほどまでに多くの人の興味を惹きつけているのは、アートメイクが「簡単に消えないメイク」だからです。

 

泣きぼくろのアートメイクを入れると、そこからしばらく長期間に渡りずっと泣きぼくろがある状態になるため、毎日ほくろの位置を気にしながら慎重にメイクする手間もかかりません。

 

当たり前に「同じ位置に泣きぼくろがある状態」をキープできるのは、アートメイクで泣きぼくろを入れる大きなメリットですね。

 

泣きぼくろアートメイクのデメリット

逆に、泣きぼくろをアートメイクで入れる場合のデメリットについても考えておきましょう。

 

考えられるデメリットは以下の2点。

 

・やり直しがきかない
・費用がかかる

 

泣きぼくろはその位置によってかなり印象が異なります。

 

アートメイクで泣きぼくろを作ってしまうと、そこからしばらくの間は位置を変えることも大きさを変えることもできません。

 

そのため、アートメイクで泣きぼくろを入れる際には、事前に慎重に位置や大きさを考えておく必要があります。

 

また、アートメイクには費用がかかるという点もデメリットと言えるでしょう。

 

意外にお手頃!泣きぼくろアートメイクの価格相場

泣きぼくろアートメイクを検討される方のほとんどが、「いくらくらいかかるのかな」と費用面を気にしているのではないでしょうか。

 

眉毛のアートメイクでは相場が10万円ほどなので、「アートメイク=高額」という印象を抱いている方も多いはずです。

 

しかし、ほくろアートメイクは施術範囲がかなり小さいこともあり、価格的には意外にお手頃です。

 

ほくろアートメイクの相場価格は1回あたり1万円ほど。

 

これなら費用的にも気軽にチャレンジできるかも!という気持ちにさせられますね!

ほくろアートメイクでおすすめのクリニック3選

それでは、ここからはほくろアートメイクでぜひおすすめしたいクリニックを3つ紹介します。

1.メディカルブロー

出典:メディカルブロー公式HP

 

芸能人やモデルも多く利用しているアートメイククリニックと言えば、メディカルブロー

 

症例件数が多く、満足度の高いクリニックとして知られているメディカルブローですが、こちらのクリニックでもほくろアートメイクの施術が可能です。

 

とは言え、メディカルブローでほくろアートメイクの施術を受ける場合は、かならず他のアートメイクのオプションとして選択する必要があります。

 

つまり、泣きぼくろをつけるためだけのアートメイクとしては利用できません。

 

料金はほくろ1箇所につき11,000円。

 

眉毛アートメイクやアイラインアートメイクでメディカルブローの利用を検討されている方には、とてもおすすめのオプションですね!

 

ちなみに、メディカルブローは全国展開しているクリニックですから、お住まいのエリアの近くにクリニックがある方もきっと多いのではないでしょうか。

 

クリニックの所在地一覧は以下の通りです。

 

・メディカルブロー表参道院 東京都渋谷区神宮前5-2-19 表参道山田ビル1F
・メディカルブロー銀座院 東京都中央区銀座7-3-7 ブランエスパ銀座ビル8F
・メディカルブロー銀座一丁目院 東京都中央区銀座1-8-17 伊勢伊ビル6F
・メディカルブロー六本木本院 東京都港区六本木7-14-10 誠志堂ビル4F/5F
・メディカルブロー渋谷院 渋谷区道玄坂2-23-12 フォンティスビル8F
・メディカルブロー新宿院 東京都新宿区新宿3丁目17-5 ニュー富士ビル7F
・メディカルブロー池袋院 東京都豊島区西池袋3-25-11 CIC IKEBUKURO BUIL 8F
・メディカルブロー池袋駅前院 東京都豊島区西池袋1-16-10 第2三笠ビル5F
・メディカルブロー学芸大学院 東京都目黒区鷹番2-20-5 2F
・メディカルブロー横浜院 神奈川県横浜市西区高島2-7-1 ファーストプレイス横浜1F
・メディカルブロー名古屋駅前院 愛知県名古屋市中村区名駅3-23-7 ダイヤモンドウェイビル4F
・メディカルブロー栄院 愛知県名古屋市中区錦3-17-5 EXIT NISHIKI middle 3-4F
・メディカルブロー大阪院 大阪府大阪市福島区福島5-3-7 エスティ西梅田ビル2F(受付)/ 8F
・メディカルブロー心斎橋院 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-8-26 FUKUBLD.心斎橋3F
・メディカルブロー福岡天神院 福岡県福岡市中央区天神2-13-18 天神ホワイトビル8F

 

クリックで公式サイトへ

2.銀座よしえクリニック

出典:銀座よしえクリニック公式HP

 

銀座よしえクリニックは、東京都内にたくさんのクリニックを展開している人気の美容クリニック。

 

名前からも分かる通り、女性院長のいるクリニックで、安心感と居心地の良さでも評判です。

 

こちらのクリニックでは、ほくろのアートメイクの施術が受けられます。

 

気になる価格については以下の通り。

 

2回セットで22,000円。一度だけの施術だと単回価格で1回16,500円と割高になります。

 

ほくろアートメイクはある程度しっかりと色素を定着させる必要があるため、初めから2回セットを受ける方がおすすめ。

 

また、3回目以降は8,800円でリタッチが受けられるため、ほくろを長くキープしたい方は定期定期にリタッチを受けていくと良いですね。

 

銀座よしえクリニックは東京都内に多くのクリニックを展開しています。それぞれの住所は下記の通り。

 

・銀座院 東京都中央区銀座2-5-11 V88ビルディング5階
・品川院 東京都品川区西五反田4-31-17 MYビル2F
・大岡山院 東京都大田区北千束1-45-11
・表参道院 東京都渋谷区神宮前4-9-4 BCG表参道プロパティ3F
・都立大院 東京都目黒区平町 1-23-14 EMON
・新宿院 東京都新宿区新宿3-17-4 新宿レミナビル 3F

 

クリックで公式サイトへ

3.エレナクリニック

出典:エレナクリニック公式HP

 

エレナクリニックは、海外でハイレベルのアートメイク資格を取得した施術者が在籍しているクリニックです。

 

安全性はもちろんのこと痛み対策にも力を入れているエレナクリニック

 

アートメイク施術時には表面麻酔を15分から20分塗布した上で施術を開始、さらに痛みが残る場合には適宜麻酔を追加しながら施術をおこなっています。

 

使用している色素も各国の水準を満たす安全性の高いものだけを選んでいるため、皮膚へのダメージが気になる方にも安心ですね。

 

ほくろアートメイクはお顔のアートメイクとお顔以外のアートメイクで価格が異なります。

 

料金は以下の通り。

 

 

泣きぼくろをアートメイクで入れたい場合には「セクシーぼくろ」の料金となります。

 

1回1万円。こちらも相場価格と同じですね。

 

エレナクリニックがあるのは新宿歌舞伎町。住所とアクセスについては以下の通りです。

 

住所 東京都新宿区歌舞伎町1-11-8 TC第7歌舞伎町花道通りビル

JR新宿駅から徒歩8分

 

クリックで公式サイトへ

まとめ

今回は泣きぼくろをテーマに、その意味と泣きぼくろを人工的に作る方法について解説しました。

 

アートメイクで泣きぼくろを入れるのにかかる費用はおおよそ1万円。

 

アートメイクは簡単に消えないため、毎日メイクで泣きぼくろを描き足すよりは格段に楽になります。

 

ぜひあなたも、アートメイクで泣きぼくろを作り、今よりさらにセクシーな自分に生まれ変わってみてはいかがでしょう。

 

安全性の高いアートメイククリニックをチェック

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend