GLAM Editorial

2023.02.22(Wed)

アートメイクの後のお風呂やシャワー、シャンプーはどうすればいい?入浴方法を徹底解説

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。

 

人気のアートメイクですが、トラブルなく長持ちさせるために、施術後はいくつかの注意点があります。

 

こちらでは、アートメイク後のお風呂やシャワーについてやってはいけないことなどについて解説します。

 

今すぐおすすめのアートメイククリニックを知りたい方はこちら→

 

地域別でアートメイククリニックを探す

 

【アートメイクのよくある質問】

 

アートメイクのおすすめクリニック

  • 湘南美容クリニック

    美容外科で有名な湘南美容クリニックが提供する医療アートメイク。
    ランク別にアーティストが揃っており、自分に合ったアーティストを指名できるのが魅力的。

    症例件数が圧倒的に多く、HPに多くアップされているのも嬉しいポイントです。
    また価格がリーズナブルなので、初めての方も挑戦しやすいクリニックです。

    詳細を公式サイトで確認

 

目次

 

アートメイク後は24時間以上お風呂を控える

アートメイク施術の当日は、湯船につかっての入浴は控えてください。

 

シャワーの使用はOKですので、できれば施術の翌日くらいまではシャワーで済ませるのが安心です。

 

アートメイクの施術箇所は傷です。

 

雑菌が入れば炎症を起こすことがあり、また入浴によって血流がアップすれば、腫れやかゆみの原因になります。


自宅のお風呂であれば、施術から24時間経過を目安に湯船につかることも可能ですが、不特定多数の人が利用するプールや公共の温泉・お風呂、サウナなどは、雑菌が繁殖しやすいので、施術後1~2週間は避けるのが望ましいでしょう。

 

アートメイク後にシャンプーをすることは可能ですが、できるだけ傷口に水がかからないように注意してください。

 

アートメイクが落ち着くまでの1~2週間は、傷に負担をかけないよう気をつけて過ごしてください。

 

アートメイク後の注意点!クレンジングや洗顔、シャワーはどうすればいい?

アートメイクの施術をすると当日は腫れや赤み、違和感があり、数日すると傷が治るときのかゆみも加わって、患部の扱いについて気になってしまうかもしれません。

 

そして、施術の後はできるだけ患部を触ってはいけないとされるため、洗顔やクレンジングなど、どうすればよいのかと悩んでしまいます。


アートメイク後のクレンジングや洗顔、シャワーのときの注意点をみていきます。

 

洗顔・クレンジングは控える

アートメイク施術後、ダウンタイム期間中は施術箇所のクレンジングや洗顔は控えてください。

 

ダウンタイムとは施術箇所が元に戻るまでの期間をいい、個人差がありますが概ね一週間程度です。

 

化粧水や保湿クリーム等、基礎化粧品も施術箇所にはつけないように気をつけてください。

 

クレンジング、洗顔のときには、施術箇所を保湿剤やワセリンでカバーしておくと安心です。

 

ダウンタイム期間中のアートメイク施術箇所は傷の状態ですので、雑菌が入れば炎症をおこします。

 

クレンジング剤等で刺激しないよう気をつけてください。

 

なお、ダウンタイム期間が過ぎてからも、クレンジング・洗顔には注意が必要です。

 

施術後1ヶ月程度は、クレンジングオイルやスクラブ洗顔料、ピーリング洗顔料などの使用は控えましょう。

 

クレンジング剤、洗顔料はそれ以外を使用して、ぬるま湯でやさしく洗いタオルで軽く押さえるように水分を拭き取ります。

 

施術箇所をゴシゴシとこすらないよう気をつけてください。

 

 

シャワーはOK

特に問題がなければ、施術当日からシャワーは使っても大丈夫です。

 

ただし、施術箇所ができるだけ水に濡れないように気をつけてください。

 

また、シャワーであっても長時間利用すると、体温が上がりそれに伴って代謝がよくなります。

 

そうすると、せっかくのアートメイクの定着に影響しますので、ダウンタイム中はできるだけ速やかにシャワーを済ませるのがよいでしょう。

 

施術箇所へのメイクは控える

アートメイクの施術を受けたら、しばらくは施術箇所へのメイクは控えましょう。

 

控える期間は、ダウンタイムの間ですので1週間程度、施術箇所の赤みや腫れがなくなり、かさぶたが取れてキレイになるまでが目安です。

 

ダウンタイム中であっても施術箇所以外へのメイクはOKですが、汗などでメイクが流れて傷口につかないように注意して下さい。

 

また、施術箇所に紫外線が当たるとアレルギーを引き起こしたり、定着が悪くなるなどトラブルの原因になるので日焼け対策は必須です。

 

日焼け止めは、施術箇所に直接ではなく保湿剤でカバーしてから塗りましょう。

 

ダウンタイム中のNG行為!お風呂以外にやってはいけないこと

アートメイク施術を受けると、約1週間程度のダウンタイムがあります。

 

ダウンタイム中は、施術箇所が赤くなったり、腫れる、かゆみが出る、かさぶたができるなどの状態となりますが、これは施術の傷が治り、色が定着するまでの一般的な過程です。

 

この期間中に、傷に負担をかける行為は絶対にやめておきましょう。

 

また、アートメイクは体内に異物であるインクを入れる施術です。

 

人間の体は本来、代謝によって異物を排出する機能があります。

 

アートメイクが定着するまでは、代謝をあげないようにすることで、メイクがしっかり定着し長持ちします。


そのことを踏まえて、ダウンタイム中に控えた方がよいことを具体的にご紹介します。

 

日焼け

施術箇所に紫外線が当たると、炎症やアレルギー反応の原因になります。

 

また、紫外線によって血流が上がると、アートメイクが定着しにくい、色あせ、変色といったトラブルにもなります。

 

施術当日から、帽子やサングラス、日傘、日焼け止めを使ってしっかり日焼け対策を行ってください。

 

運動・スポーツ

ダウンタイム中、本格的な運動・スポーツは控えてください。

 

運動やスポーツで血行がよくなると患部が腫れやすくなり、加えて代謝が上がることで、せっかくのアートメイク定着の妨げになってしまいます。

 

また、汗をかくと傷口から雑菌が入って炎症をおこしやすくなります。


通常の運動・スポーツは施術後1週間程度を目安に控えますが、水泳は特に雑菌にさらされやすいスポーツですので、様子をみながら1~2週間程度は避けるのが望ましいです。

 

 

飲酒

お酒を飲むと、血流がアップし施術箇所が腫れたり、かゆみが増す原因になります。

 

施術箇所の状態によっては出血することもありますので、施術当日はもちろん、ダウンタイム期間中はできるだけ控えた方がよいでしょう。

 

なお、施術前日の飲酒は、施術中の出血などの原因になります。

 

状態によっては施術が受けられなくなることもありますので、施術前日の飲酒は控えてください。

 

 

施術箇所への刺激

アートメイク施術のあとは、赤みが出たり痛みがあったりと違和感があります。

 

施術後の数日間は、傷が治るときのかゆみも加わり、どうしても気になるのですが、できるだけ触らないようにしてください。

 

また、施術から4~5日で施術部がかさぶたになりますが、これも自然に剥がれ落ちるまで放っておくこと。

 

無理に剥がしたり、触ったりすると治りが遅くなります。

 

アートメイクが落ち着くまでは、できるだけ刺激せず静かに過ごしてください。

 

アートメイクを長持ちさせるために

アートメイクは1~3年持続しますが、持続期間は肌の状態や、施術方法などの影響を受けて個人差があります。

 

アートメイクを長持ちさせるための方法をご紹介します。

 

ダウンタイム中は丁寧にケアをしよう

施術後1週間程度、傷が治るまでのダウンタイムのケアを的確、丁寧にすることがアートメイクの持ちにつながります。

 

施術箇所をワセリンなどで乾燥から守り、刺激しないよう過ごしましょう。

 

ダウンタイム中、施術箇所は非常に敏感です。

 

丁寧にケアすることで、アートメイクがしっかり定着して、長持ちします。

 

 

技術の高いクリニックを選ぼう

アートメイクの持ちは、肌質とインクとの相性や、インク注入技術によって変わってきます。

 

注入技術の高い技術者が施術すると、均等な濃さで定着率も高まります。

 

アートメイクを長く持たせたいのであれば、経験豊富な技術者の施術を受けるのがおすすめです。

 

【おすすめできるアートメイククリニック】

 

ターンオーバー・代謝を高めないようにしよう

皮膚がターンオーバーすることでアートメイクは薄くなっていきます。

 

生理現象によるターンオーバーは止めることができませんが、自らの行為でターンオーバーを早めないよう注意しましょう。

 

ピーリング剤や、角質をしっかり取る洗顔料・クレンジングはNGです。

 

また、汗をかくと代謝が高まりターンオーバーは促進されます。

 

過度の運動・サウナ入浴などはアートメイクの持ちを短くするので注意しましょう。

 

 

まとめ

アートメイク後、状態に問題がなければシャワーは当日から、入浴は24時間後から可能です。

 

ただし、施術箇所は傷になっていますので、刺激しないよう様子をみながら気をつけて入ってください。

 

ダウンタイム中のケアはアートメイクの持ちにも影響しますので、注意を守って静かに過ごしてください。

 

アートメイクのおすすめクリニック

  • 1

    湘南美容クリニック

    美容外科で有名な湘南美容クリニックが提供する医療アートメイク。
    ランク別にアーティストが揃っており、自分に合ったアーティストを指名できるのが魅力的。

    症例件数が圧倒的に多く、HPに多くアップされているのも嬉しいポイントです。
    また価格がリーズナブルなので、初めての方も挑戦しやすいクリニックです。

    詳細を公式サイトで確認
  • 2

    メディカルブロー

    全国に10院ものアートメイク専門クリニックを展開するメディカルブロー。
    毎月5,000を超える施術実績があり、芸能人が多く利用していることからも実力の高さが伺えます。

    7ランクの中から自分にぴったりのアーティストを指名できるので、費用やクオリティなど、アートメイクに求めるそれぞれのニーズに対応できます。

    詳細を公式サイトで確認
  • 3

    デイジークリニック

    東京、札幌、大阪をはじめ全国に5店舗のアートメイク専門クリニックを展開するデイジークリニック。
    眉毛の黄金比率やメイク時のバランス、肌質と色素の相性を考慮して自分に合った眉毛をオーダーメイドで仕上げていきます。

    また、オンラインカウンセリングも対応しているので、まずはオンラインで気軽に相談できるのが魅力的。

    詳細を公式サイトで確認

 

【アートメイクのよくある質問】

 

地域別でアートメイククリニックを探す

執筆者

GLAM編集部 美容チーム

10代から美容に興味を持ち、社会人になると美容クリニックに通い始めて脱毛・ハイフ・ダーマペンなどを取り入れ、、、アラサーになってからはアートメイク、美容整形まで!ありとあらゆる美容情報に触れて、実践もしてきた “30代女子” の私たちだからこそ言える、「キレイになりたい」皆さんに役立つ情報をお届けします♡

https://www.glam.jp/authors/biyouteam/

10代から美容に興味を持ち、社会人になると美容クリニックに通い始めて脱毛・ハイフ・ダーマペンなどを取り入れ、、、アラサーになってからはアートメイク、美容整形まで!ありとあらゆる美容情報に触れて、実践もしてきた “30代女子” の私たちだからこそ言える、「キレイになりたい」皆さんに役立つ情報をお届けします♡

https://www.glam.jp/authors/biyouteam/
GLAM編集部 美容チームの全ての記事を見る

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend