GLAM Editorial

2023.01.24(Tue)

アートメイクはケロイド体質でも受けれる?体質によってできる人とできない人の違い

 

「アートメイクを受けてみたいが、自分の体質は受けて問題ないだろうか」

 

アートメイクは一度施術すれば、1〜3年ほど持続可能なメイクです。

 

メイクの時短になるうえ、メイクが不得意でも綺麗な状態が継続されるので、自分の印象を変えてみたい方に人気の施術です。

 

しかし体質によっては、アートメイクの施術が受けられない場合やリスクがあることも。

 

「施術をしてから後悔したくない」

 

そんな方に、アートメイクはどんな方でも受けられるのか解説します。

 

東京都でアートメイクを受けるなら→

大阪でアートメイクを受けるなら→

 

アートメイクのおすすめクリニック

  • メディカルブロー

    全国に20院ものアートメイク専門クリニックを展開するメディカルブロー。
    毎月5,000を超える施術実績があり、芸能人が多く利用していることからも実力の高さが伺えます。

    7ランクの中から自分にぴったりのアーティストを指名できるので、費用やクオリティなど、アートメイクに求めるそれぞれのニーズに対応できます。

    詳細を公式サイトで確認

 

 

ケロイド体質の人はアートメイクを受けられるのか

ケロイド体質の方はクリニックによっては、アートメイクを受けられない可能性があります。

 

アートメイクは専用の機械で、肌に傷を作り色素を注入していく施術です。

 

施術でできた傷が原因となり、ケロイドができるリスクがあり医師の判断によっては断られるケースもあります。

 

しかし必ず断られるわけではなく、症状や状態を見たうえで対応してくれるクリニックもあります

 

施術後に肌トラブルを起こさないように、心当たりのある方はまず医師へ相談しましょう。

 

ケロイドとは

ケロイドとは肌に傷ができたのをきっかけに、赤く盛り上がったような状態になる傷痕です。

 

本来よりも傷痕を修復するための働きが過剰に働き、血管成分やコラーゲンをつくる組織が増殖し、赤く硬く腫れあがった状態が続きます。

 

こうしたケロイドができやすい体質の方を、ケロイド体質と呼びます。

 

アートメイクの他にもピアスやニキビ、火傷のような小さな傷でも体質の方は症状が見られ、ケロイドに強いダメージが加わるとさらに大きく悪化してしまうのが特徴です。

 

かゆみや痛みを感じる場合もありますが、健康被害や腫瘍になるというわけではありません

 

ただ見た目にかなり症状が出るため、美容的観点や人目が気になりコンプレックスに感じる方もいます。

 

ケロイド体質の特徴と見分け方

ケロイドのような症状が見られた場合に、自分でケロイド体質かを判断するのは難しいです。

 

根本的要因が現在も完全に解明されている訳ではありません。

 

しかし遺伝子が関連しているのは分かっており、家族の方にケロイド体質がみられる場合は自分にも症状が出る可能性があります。

 

またケロイドに似ている肥厚性瘢痕(ひこうせいはいこん)という、傷痕が赤く盛り上がる症状もあります。

 

ケロイドが肥厚性瘢痕と大きく違うところは、できた傷口よりも大きな盛り上がりができ、自然治癒できない点です。

 

しかし重度の肥厚性瘢痕はケロイドと判断される場合もあるので、自己判断せず必ず医師と相談しましょう。

 

アートメイクの副作用

  • ・痛み、腫れ、赤み、むくみ
  • ・アレルギー

 

アートメイクの施術後は、傷口や傷口付近に上記の症状が出る場合があります。

 

施術でできた傷口は当日から3日後までの間は、痛み・腫れ・赤み・むくみが出ますが、ほとんどの方は翌日には目立たない程です

 

しかし1週間以上傷口が塞がらなかったり痒みや腫れが続いたりする場合は、炎症やアレルギー反応が出ている可能性があります。

 

傷口が治癒しない状態が続くと、アートメイクの色素も定着しづらくなります。

 

異常を感じたら施術を受けたクリニックで、早めに症状を確認してもらいましょう。

 

施術後に副作用が起きたときの対処方法

アートメイクの施術後に痒みや腫れなどの副作用で、明らかに異常がみられる場合はなるべく早くクリニックに相談しましょう。

 

すぐにクリニックに行けず、家で応急処置を行いたい場合は以下の方法をオススメします。

 

  • ・保冷剤で冷やす
  • ・ワセリンで保湿する

 

患部を掻いて刺激を与えたり、市販のかゆみ止めを塗布するのはNGです。

 

またケロイドの場合は自然治癒せず、切除や刺激を与えては更に大きく肥大化する可能性があります。

 

ケロイドを治療するにはステロイドテープや外用薬、注射などが用いられるので重症化する前に必ず医師に相談しましょう。

 

【関連記事】

アートメイク施術後のワセリンの正しい塗り方

アートメイク前にパッチテストしよう

パッチテストできるクリニック3選

クリニック名パッチテスト実施有無費用
デイジークリニック要確認
メディカルブロー

1,500円~15,000円

(簡易的なテストから本格的なものまで)

湘南美容クリニック3,300円

 

上記アートメイククリニックではカウンセリングの時に、相談すればパッチテストができます。

 

ケロイド体質の方以外にも、金属アレルギーやアトピーの方にもパッチテストは有効です。

 

実際の施術と同じ要領で行われ、目立たないような肌色に近いインクをマシンで少量注入し2〜3日様子を見ます。

 

後日来院し症状が見られないようであれば、自己判断でアートメイクが可能です。

 

パッチテストを受ける場合は、施術が後日になり時間がかかるのと、あくまでも自己判断であることは注意しておきましょう。

 

アートメイクが受けられない可能性がある人

  • ・アレルギー体質
  • ・アトピー体質
  • ・妊娠中、授乳中
  • ・18歳未満の未成年
  • ・美容治療の直後
  • ・内服治療中の人

 

ケロイド体質の方以外にも上記に該当する方は、アートメイクが受けられないと判断される場合があります。

 

いずれも絶対に受けられないわけではなく、時期やタイミングを見計らえばアートメイクが可能な方もいます。

 

必ず無理には施術を受けずに、医師に事前に相談しパッチテストを実施したうえで、アートメイクを受けるかは判断しましょう。

 

アレルギー体質

金属アレルギーや、薬物アレルギーの体質の方は受けられない場合があります。

 

アートメイクに使用するインクの金属成分や、インクを注入するマシンの金具、麻酔クリームや除菌用アルコールにアレルギー反応が見られる可能性があるからです。

 

パッチテストを実施して問題がなければ、施術を受けられるので心当たりのある方は、事前に医師に相談しておきましょう。

 

またアイラインアートメイクに限りますが、花粉症の方は花粉が飛んでいる時期は受けられません。

 

花粉アレルギーの症状で涙が出やすく、かゆさで目を擦るなどアートメイクの色素が定着しづらくなるのでタイミングを見て受けましょう。

 

【関連記事】

金属アレルギーの方がアートメイクを受けるときの注意点を徹底解説

 

アトピー体質

アトピー体質の方は施術する場所に、重度の炎症が起きているときはアートメイクが受けられません。

 

肌への更に負担がかかってしまううえ、炎症が治癒していく過程で行われるターンオーバーにより色素の定着が悪くなります。

 

しかしアトピーの方は、毎日のメイクでかかる肌への負担を軽減できるのでタイミング次第ではオススメの施術です。

 

医師と相談しパッチテストで様子をみて、症状が出てないタイミングを見計らい施術しましょう。

 

妊娠中、授乳中

妊娠中・妊娠の可能性がある・授乳中の方は、アートメイクを受けられません。

 

アートメイクに使用される麻酔クリームは、胎児に影響を与えるかどうかが判明されておらず、使用が懸念されているのが主な理由です。

 

一部のクリニックでは、安定期の妊娠4〜7か月目の期間は受け入れている場合もあります。

 

しかし妊娠中は母体のホルモンバランスが不安定になりやすく、色素がうまく定着しない可能性もあるので無理に施術を受けない方が無難でしょう。

 

【関連記事】

アートメイクを妊娠中・出産前・授乳中に受けれるクリニック

 

18歳未満の未成年

アートメイクは医療行為にあたり、18歳以下の未成年は自分の判断で施術を受けられません。

 

親の同意書が必要となるので、親と相談してから受けましょう。

 

美容治療の直後

  • ・整形手術
  • ・レーザー、光治療
  • ・ピーリング

上記のような肌に大きな負担がかかる施術を行った直後は、アートメイクが受けられません。

 

美容医療以外にも怪我やニキビなどのような炎症や大きなダメージを受けた後は、施術を断られる可能性があります。

 

腫れやむくみで本来の顔のバランスと異なった姿になっている場合もあるので、1〜3か月は医師と相談のうえ施術のタイミングを決めましょう。

 

【関連記事】

アートメイク後は医療レーザー脱毛できない?施術前に確認したい注意事項

 

内服治療中の人

脳梗塞や肺梗塞により抗凝固体・抗血栓薬を服用中の方は、アートメイクが受けられない場合があります。

 

そのほかにも服用中の薬があれば、必ずカウンセリング時に医師に報告し施術を受けられるタイミングなども相談しましょう。

 

まとめ

アートメイクは医療行為であり、体質によっては気軽に施術を受けられない方もいます。

 

しかし肌の状態やタイミング次第では、施術を行ってくれるクリニックがあるのも確かです。

 

重要なのはアートメイクの施術内容と、自分の体質を十分に理解することです。

 

ご紹介したクリニックでは、無料カウンセリングも実施しています。

 

自分だけで判断せずに、気軽に専門医へ相談してみましょう。

 

アートメイクのおすすめクリニック

  • 1

    メディカルブロー

    全国に20院ものアートメイク専門クリニックを展開するメディカルブロー。
    毎月5,000を超える施術実績があり、芸能人が多く利用していることからも実力の高さが伺えます。

    7ランクの中から自分にぴったりのアーティストを指名できるので、費用やクオリティなど、アートメイクに求めるそれぞれのニーズに対応できます。

    詳細を公式サイトで確認
  • 2

    デイジークリニック

    東京、札幌、大阪をはじめ全国に5店舗のアートメイク専門クリニックを展開するデイジークリニック。
    眉毛の黄金比率やメイク時のバランス、肌質と色素の相性を考慮して自分に合った眉毛をオーダーメイドで仕上げていきます。

    また、オンラインカウンセリングも対応しているので、まずはオンラインで気軽に相談できるのが魅力的。

    詳細を公式サイトで確認
  • 3

    湘南美容クリニック

    美容外科で有名な湘南美容クリニックが提供する医療アートメイク。
    ランク別にアーティストが揃っており、自分に合ったアーティストを指名できるのが魅力的。

    症例件数が圧倒的に多く、HPに多くアップされているのも嬉しいポイントです。
    また価格がリーズナブルなので、初めての方も挑戦しやすいクリニックです。

    詳細を公式サイトで確認
執筆者

GLAM編集部 美容チーム

10代から美容に興味を持ち、社会人になると美容クリニックに通い始めて脱毛・ハイフ・ダーマペンなどを取り入れ、、、アラサーになってからはアートメイク、美容整形まで!ありとあらゆる美容情報に触れて、実践もしてきた “30代女子” の私たちだからこそ言える、「キレイになりたい」皆さんに役立つ情報をお届けします♡

https://www.glam.jp/authors/biyouteam/

10代から美容に興味を持ち、社会人になると美容クリニックに通い始めて脱毛・ハイフ・ダーマペンなどを取り入れ、、、アラサーになってからはアートメイク、美容整形まで!ありとあらゆる美容情報に触れて、実践もしてきた “30代女子” の私たちだからこそ言える、「キレイになりたい」皆さんに役立つ情報をお届けします♡

https://www.glam.jp/authors/biyouteam/
GLAM編集部 美容チームの全ての記事を見る

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend