GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説

 

ニップルアートメイクという言葉を聞いて、一瞬何のことか分からなかった方もいるかもしれません。

 

ニップルアートメイクは乳輪に施すアートメイクのこと。今回は、一部の方の中で話題を集めているニップルアートメイクについて解説していきます。

 

この記事を読むことで、

 

・ニップルアートメイクとは何なのか
・得られる具体的な効果
・ニップルアートメイクがおすすめなのはどんな人なのか
・ニップルアートメイクのおすすめクリニック

 

について理解することができます。ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

 

ニップルアートメイクとは何か

ニップルアートメイクは冒頭でも触れた通り乳房の乳輪部分のアートメイクのことです。眉毛やアイラインのアートメイク施術を比較するとややマイナーな印象ですね。

 

しかし、ニップルアートメイクは、乳輪の色彩を変えたり、デザインを好みのものに近づけたりすることができ、乳房にコンプレックスを抱える女性の中では注目されている施術メニューでもあります。

 

ニップルアートメイクの3つの効果とは

それでは、ニップルアートメイクの具体的な効果についてお話ししましょう。ニップルアートメイクをすることで、どのようなメリットが得られるか、具体的に何がどう変化するのかについて詳しく解説します。

1.乳房の手術跡をカバー

ニップルアートメイクを希望される方の中には、乳房の再建手術をされた方もいらっしゃいます。乳房を元の状態により近づけられるかどうかは、乳輪の見た目の印象に大きく左右されるため、アートメイクで自然な乳輪を再現する方が多くおられます。

 

乳房の手術跡をカバーし、乳輪のみならず乳頭部分も立体的に自然に見えるようにアートメイクを施すことで、乳房の再建手術をされたことさえ分からないほどにカバーできるケースも多いです。

 

手術後の乳房にコンプレックスを抱える女性にとって、ニップルアートメイクはこれ以上にないほどの救世主なのです!

 

2.乳頭の左右の大きさを調整

乳頭の左右差が気になる女性なら、ニップルアートメイクを施すことで左右のバランスを調整することが可能です。

 

大幅な変化をつけることは難しいものの、多少のサイズ調整ならニップルアートメイクを施せばバッチリ!アートメイクでは乳頭そのものの大きさを変えることはできませんが、陰影をつけたり色素を加えたりすることで、見た目の印象を変えることができます。

 

3.乳頭の色素脱失

乳輪の色素は人により異なり個人差が大きく出るところ。女性の中には、色素が濃いことをコンプレックスに感じている方も多くいらっしゃいます。

 

特に多いのが「妊娠出産を経て黒ずみが顕著に現れてしまったケース」です。これは自然な現象であり、多くの女性の悩みの種でもあります。

 

ニップルアートメイクでは乳頭部分の色素を脱失させて薄くすることが可能です。もともと体質的に乳頭部分の色素が濃い方でも、妊娠出産を経て黒ずみが出てしまった方でも、憧れのピンクに近い色味に変えていくことができるのがニップルアートメイクの素晴らしいメリットです。

 

こんな方ならニップルアートメイクがおすすめ

ニップルアートメイクでどのような効果が得られるのかをご理解いただいたところで、ここからはどんな方にニップルアートメイクがおすすめなのかを改めて紹介していきましょう。

 

1.乳頭に傷跡がある

手術をしたことにより、乳頭部分に傷跡が残ってしまった方なら、きっとその傷跡を消したいと思うはず。ニップルアートメイクを施すことで、傷跡を極限まで目立たない状態にすることができます。

 

2.乳房再建手術を受けた

乳房の再建手術を受けた女性ならきっと誰しもが、「再建手術をしたことが分からないほど自然な見た目に近づけたい」と思うのではないでしょうか。

 

このような方にもニップルアートメイクはおすすめです。乳房全体の形は変えられませんが、乳輪の色彩を変えることで、自然な印象にぐんと近づけることが可能です。

 

3.乳頭の大きさが気になる

乳頭、つまり乳首の大きさが気になる方も、ニップルアートメイクでコンプレックスを解消することができます。

 

本人にしか分からない程度のことでも、自分の体となるととても気になってしまうもの。特にパートナーからより魅力的に見てもらいたいと思う女性ならなおさらですよね。

 

4.乳頭の色を薄くしたい

乳頭や乳輪の色を全体的に薄くピンクっぽい色味にしたいと感じている女性は少なくありません。

 

黒ずみを改善するクリームなどに高額な費用を投資し、効果がみられずに落ち込んでしまっている女性もたくさんいるのではないでしょうか。

 

乳頭の色味を変えるなら、ニップルアートメイク一択。これで今まで以上にご自身の体に自信が持てるようになるでしょう。

 

ニップルアートメイクにおすすめしたいアートメイクギャラリーとは

ニップルアートメイクで悩みの種が解決できる!と判断したら、ここからはいかにして適切なクリニックを選ぶかが問題です。

 

アートメイク施術を行うところは山のようにありますが、中には違法サロンと呼ばれるところも多く存在するため、しっかり見極めていく必要があります。

 

そこで今回紹介したいのがアートメイクギャラリー。アートメイクギャラリーは、たくさんのアートメイク専門クリニックの中でも特におすすめできるクリニックです。アートメイクの施術箇所も多く、もちろんニップルアートメイクも可能!

 

というわけで、最後にアートメイクギャラリーをおすすめする3つの理由について解説していきます!

 

1.ドクター監修で安心感抜群

そもそも看護師やドクターのいない、無資格者だけで運営するサロンなどでのアートメイクは法律上認められていませんが、実際には多くの違法サロンが存在しています。

 

アートメイクギャラリーはクリニックであり、徹底した医療安全が約束されています。アートメイクを専業とする看護師、そして専任のチームドクターが、徹底的にバックアップしてくれるため、とても安心して任せることができます。

 

特に、初めてアートメイク施術をされる方なら、「すごく痛いのではないか」、「逆に傷が残ってしまったりしないのかな」など、不安な点もたくさんあるでしょう。そんな方にこそ胸を張っておすすめしたいのが、アートメイクギャラリーです。

 

2.確かな技術

アートメイクギャラリーでは、独自の技術研修をクリアした人だけが施術者としてアートメイクの施術に携わることができます。

 

アートメイクギャラリーの看板メニューとも言える眉毛アートメイクは、多くの芸能人やモデルもアートメイクギャラリーを利用されていると言われています。

 

3.多くの実績

アートメイクギャラリーの症例を写真で確認しようとすると、その数の多さにまず驚く方が多いでしょう。

 

というのもアートメイクギャラリーのInstagram上には数多くの症例写真が載っており、かなり多くの実績を目にすることができるからです。

 

掲載されている写真のほとんどが眉毛アートメイクですが、その仕上がりの美しさには驚くばかり。まるで本当の眉毛のように自然です。

 

ニップルアートメイクに関しては、場所が場所だけにたくさんの症例写真を見ることはできませんが、アートメイク専門のクリニックだからこそ期待値はとても高まりますね!

 

まとめ

今回はまだまだ知名度の低いニップルアートメイクについて紹介しました。乳頭部分の色素や形に関して何かしらのコンプレックスを抱いている人はきっと少なくないはず。

 

「こればかりはどうしようもない」とあきらめていた方も、ニップルアートメイクを施せばそのコンプレックスも解消されることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

気になる方は実際にクリニックへ足を運び、実際のお客様の症例写真を見せてもらうのもおすすめですよ!

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

2021.06.07(Mon)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.10.16(Wed)

【駆け出しプレスの立ち話】Vol.19 クチュリエが魅せるハイストリートスタイル! Giambattista Valli...
Bunta & Seira

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial