GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.11.21(Sat)

ベテラン俳優のネイサン・レイン、長年の同性パートナーとニューヨーク市庁舎で結婚!

ネイサン・レイン

 ベテラン俳優のネイサン・レイン(Nathan Lane, 59)が、長年の同性パートナーであるデヴリン・エリオット(Devlin Elliott)とニューヨーク市庁舎で結婚した。

 『バードケージ』などで知られるネイサンは1999年、米The Advocate誌上でゲイをカミングアウト。劇作家でプロデューサーのデヴリンとは18年前から交際している。

 米The New York Post紙のゴシップサイト「Page Six」によると、2人は次のステップに進むことを決め、17日にマンハッタンで結婚したという。

 ネイサンは20日、市内にある文化施設「92nd Street Y Panel」で行われたパネルトークで、司会のジョイ・ベハー(Joy Behar)に結婚を認め、配偶者は「すばらしい作家であり、すばらしい男性」だと語った。

 ネイサンが結婚を明かすと、ジョイはウィットに富んだジョークでお祝いの言葉を贈った。

 「ということは、ここ92nd Street Yでハネムーンをすごしているのね」

 ネイサンはLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスセクシャル)の権利を支援するチャリティー活動に熱心で、HIV/AIDS患者の救済と支援を目的とする「ブロードウェイケアーズ」の役員と資金調達を務めたこともある。その慈善活動は人権団体「ヒューマン・ライツ・キャンペーン」や「GLAAD」(中傷と戦うゲイとレズビアンの同盟)、「トレバー・プロジェクト」といった団体からも高く評価されている。

 ネイサンがゲイをカミングアウトしたのは、その前年に大学生のマシュー・シェパード(Matthew Shepard)さんが同性愛を理由に殺害されたことが大きかった。告白インタビューでは、残酷なヘイトクライムを目の当たりにしたことにより、性的嗜好のせいで偏見の被害者になる人たちをサポートすることを決意したと明かした。

 「ひっぱたかれて目が覚めた気がした」とネイサンはThe Advocateで告白した。「現時点で、自分にできる行動をまったく起こさないのは身勝手だ」

 「もし私がこのインタビューでゲイだと言えば、他の人がそうするハードルが下がるかもしれない」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.13(Sat)

パートナーが見違える!? メンズメイクをおすすめしちゃいましょ♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.08.22(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.100-最終回 プリンセス気分でアフタヌーンティーを楽しむ♡ 迎賓館へ
CHOCO
CHOCO