GLAM Editorial

2022.09.26(Mon)

ハワイとグアムの違いは日本からの距離だけじゃない!旅費や魅力を徹底比較

PR

PR

よく比較される"ハワイ"と"グアム"。

「どちらも南国のリゾートのイメージだけど、具体的にどう違うの?」

そう思っている方は多くいらっしゃいます。

 

そのような方に向けて、本記事ではハワイとグアムの違いを丁寧に解説します。

本記事を最後まで読んでいただければ、違いだけでなくあなたがどっちを選んだ方がいいかわかりますので、旅行の参考にしてみてください。

ハワイとグアムの違い | 基本情報編

ハワイ

参照:ハワイ州政府観光局

まずは、ハワイとグアムの基本的な違いを押さえましょう。

 

  • ●距離とフライト時間・時差
  • ●気候・ベストシーズン
  • ●広さ
  • ●旅行日数
  • ●旅行費用
  • ●フライトの数
  • ●税金
  • ●旅行前の準備

 

上記8項目について、詳しくみていきます。

距離とフライト時間・時差

比較項目ハワイグアム
フライト時間行き:約8時間
帰り:約9時間
約3.5時間
日本との時差−19時間+1時間

 

やはり旅行先を選ぶうえで大きなポイントとなるのがフライト時間です。

ハワイへのフライト時間は約8〜9時間と、グアムの約3.5時間と比較して倍以上かかります。

さらに、グアムは日本との時差が1時間だけなのに対し、ハワイは19時間。

 

フライト時間が長いということは現地で楽しむ時間が減るということです。

グアムなら現地についてすぐにアクティビティをすることもできますが、ハワイの場合は8時間のフライト後にすぐにアクティビティに向き合うのはちょっと酷かもしれません。

 

そのような観点から、ハワイの場合は5泊以上できる方におすすめ。

グアムであれば3泊でも十分楽しめます。

 

気候・ベストシーズン

比較項目ハワイグアム
気候乾季:4~9月
雨季:10~3月
乾季:11~5月
雨季:6~10月
ベストシーズン4~9月11~5月

 

ハワイとグアムでベストシーズンがほとんどかぶっていないので、時期によってどちらに行くか選んでもいいでしょう。

どちらも雨季は長い期間ありますが、日本の梅雨のように何日も雨が降り続くわけではなく、スコールのように一気に大量の雨が降ってすぐに止むので、雨期だから海に入れないかといえばそんなことはありません。

 

※【注意】7〜10月のグアムは台風の影響を受けることもあるため、出発前に必ず台風の発生状況を確認しておきましょう。

 

広さ

比較項目ハワイグアム
広さ約1,545平方km
(オアフ島)
約549平方km

 

ハワイのオアフ島は約1,545平方km、グアムは約549平方kmと、ハワイのほうが約3倍面積が広いです。

オアフ島以外にもハワイ島・マウイ島など旅行できる島があり、すべて回り切るには何度も訪れなければなりません。

 

一方、グアムは、定番の観光スポットが比較的コンパクトにまとまっているので、回りやすい傾向にあります。

面積が大きいのはハワイで、周りやすさならグアムでしょう。

 

旅行日数

比較項目ハワイグアム
一般的な旅行日数5泊〜3泊〜

 

先ほどのフライト時間や時差・面積が関わってくるのですが、ハワイ旅行をするなら最低でも5泊からと考えておくのがベスト。

弾丸で2泊や3泊での旅行もできないことはないものの、身体に疲労がたまる旅行になるでしょう。

 

グアムはフライト時間が約3.5時間と短く、時差も1時間のみなので、着いてすぐ行動しやすいのが魅力。

面積はハワイより狭く、有名な観光スポットやダウンタウンはコンパクトにまとまっていているので、少ない日数で観光をするもよし、ホテルでのんびりするもよし!

 

旅行費用

比較項目ハワイグアム
5日間のツアー費用19~30万円8〜24万円

 

大手旅行会社のハワイ・グアム5日間のツアー料金を比較してみると、グアムはハワイの半額ほどで旅行できる場合もあることがわかります。

ハワイのほうが日本からの距離があるため、航空券の値段が割高になります。

 

コストを抑えて旅行したいなら、グアムのほうが向いているでしょう。

 

フライトの数

比較項目ハワイグアム
直行便あり・羽田
・成田
・関西
・セントレア
・福岡
・新千歳
・成田
・関西
・セントレア
・福岡

※2022年9月現在

 

ハワイは、日本の多くの国際空港から直行便が出ており、全国どこに住んでいてもアクセスしやすいのが魅力です。

一方、グアムはハワイに比べると直行便の数が少ない印象。

とはいえ、乗り換えを入れても圧倒的にグアムの方が移動時間は短いです。

 

税金

比較項目ハワイグアム
税金物品税4.712%
ハワイ州宿泊税10.25%
オアフ島宿泊税3%
(オアフ島)など
なし

 

ハワイでは、日本における消費税と同じように、州税が商品価格に上乗せされて請求されます。

州税は島によって異なりますが、オアフ島では4.712%です。

さらに、オアフ島のホテルに宿泊する場合は、上記に加えてハワイ州宿泊税10.25%とオアフ島宿泊税3%の合計17.962%が加算されます。

 

その点、グアムでは州税が一切かかりません

島全体が免税のような状態なので、ショッピングを楽しむのもおすすめです。

 

ただし、合計20万円以上の物品を購入して日本に持ち帰る場合は、関税がかかってしまうので注意しましょう。

 

旅行前の準備

比較項目ハワイグアム
ESTA(エスタ)不要

 

旅行前の準備として申請が必要ないくつかの書類のうち、ハワイは入国の際にエスタ(アメリカ電子渡航認証システム)の申請が必要ですが、グアムはなしでもOKです。

 

グアムは、エスタを申請しなくても、機内で配られるI-736(出入国カード)の記入のみで入国できます。

 

エスタの申請には、申請料+申請代行サービス料で8,690円ほどかかるため、グアムのほうが旅行前の申請に手間やお金がかからないのが魅力です。

 

ハワイとグアムの違い | ホテル編

グアム

参照:グアム政府観光局

ハワイもグアムも、人気リゾート地らしくエコノミー〜デラックスホテルまで、ホテルが充実しています。

ハワイのホテル

ハワイは、5つ星・4つ星の一流ホテルも多数。

 

  • ●リッツカールトン
  • ●トランプインターナショナルホテル
  • ●ハレクラニ
  • ●ロイヤルハワイアン
  • ●ザ・カハラホテル&リゾート
  • ●アストン ワイキキ ビーチ タワー

 

思い出になるようなラグジュアリーホテルに泊まりたい!という方は、ハワイの名門ホテルを選ぶのがおすすめです。

グアムのホテル

グアムにも、5つ星・4つ星の高級ホテルが複数あります。

 

  • ●デュシタニ グアム リゾート
  • ●ハイアット・リージェンシー グアム
  • ●ウェスティン リゾート グアム
  • ●リーガロイヤル ラグーナ グアム リゾート

 

ビーチリゾートらしいランクに見合ったサービスを受けられ、グアムでも同様に高級ホテルステイを楽しめるでしょう。

 

ハワイとグアムの違い | アクティビティ・観光・海編

ハワイ

参照:ハワイ州観光局公式ポータルサイト allhawaii

続いて、ハワイとグアムのアクティビティや観光スポット、海を比較してみましょう。

 

比較項目ハワイグアム
アクティビティマリン・陸上アクティビティ共に充実
観光スポット豊富回りやすい範囲に集中
ホテル周辺の海の透明度まずまず高い
海に入れる季節年末年始は寒くて入れない場合も基本的に年中入れる気温・水温

 

アクティビティ・観光

比較項目ハワイグアム
アクティビティマリン・陸上アクティビティ共に充実
観光スポットの数豊富回りやすい範囲に集中

 

ハワイ・グアムともに、シュノーケリングやバラセーリングなどのマリンスポーツから、トレッキングやゴルフ、セスナなどの陸上アクティビティまで盛りだくさん。

どちらのリゾートを選んでも、アクティビティの種類は豊富です。

 

一方、お出かけスポットが豊富なのは、グアムよりもハワイ

 

オアフ島だけでも、ワイキキビーチのほか、ダイヤモンドヘッド・マノア滝・イオラニ宮殿・モアナルア ガーデンズ パーク(気になる木)など、1回の旅行ではとても回りきれないほどのスポットがあります。

 

グアムは有名な観光スポットの数はそこまで多くなく、かつ場所が集結しているので回りやすいのが特徴です。

具体的には、シンボル的スポットの恋人岬や、スペイン広場・ハガニア湾など。

 

数日かけてさまざまな場所を訪れたい方は、ハワイのほうが向いているでしょう。

 

比較項目ハワイグアム
ホテル周辺の海の透明度まずまず高い
海に入れる季節年末年始は寒くて入れない場合も基本的に年中入れる気温・水温

 

ハワイもグアムもたくさんビーチがあるので、場所によって海のきれいさには少し差がありますが、透明度の高さはグアムのほうが上といわれています。

また、1年を通して気温・水温の高いグアムは、基本的に年中海水浴ができるのが魅力です。

 

ハワイも1年の大半は海に入れますが、年末年始など気温が低い時期は、海水浴には寒すぎる場合もあります。

ホテルの周辺で季節を問わず海を楽しみたい方は、グアムのほうがおすすめです。

 

ハワイとグアムの違い | ショッピング・グルメ編

グアム

参照:グアム政府観光局

 

ショッピングモールやグルメスポット、定番のお土産は、どちらも充実しています。

比較項目ハワイグアム
ショッピングモールアラモアナセンターなどマイクロネシアモールなど
グルメスポットの数充実
ハワイ名物も楽しめる
充実
定番のお土産・ホノルルクッキー
・マカダミアナッツ
・コナコーヒー
・ルピシアのティー
・コナビール
など
・ドライマンゴー
・マカダミアナッツ
・ベアーボトルのはちみつ
・バナナチップス
・グアム1ビール
など

買い物

比較項目ハワイグアム
ショッピングモール大型ショッピングモールが充実大型ショッピングモールが充実

 

ハワイにもグアムにも大型ショッピング施設が充実しているので、どちらでも買い物を思う存分楽しめます。

 

ハワイの主な大型ショッピング施設

  • ●アラモアナセンター
  • ●Tギャラリア ハワイ by DFS
  • ●ロイヤルハワイアンセンター
  • ●インターナショナルマーケットプレイス
  • ●ワイケレプレミアムアウトレット

 

グアムの主な大型ショッピング施設

  • ●マイクロネシアモール
  • ●Tギャラリア グアム by DFS
  • ●JPスーパーストア
  • ●タモン・サンプラザ
  • ●グアム・プレミア・アウトレット

 

食べ物

比較項目ハワイグアム
グルメスポットの数充実
ハワイ名物も楽しめる
充実

 

ハワイ・グアムどちらも、どこで食べようか迷うほどたくさんのお店が出店しています。

高級な一流レストランから、キッチンワゴンでテイクアウトできるB級グルメ、フードコートまで、幅広くそろっているのも魅力です。

 

また、ハワイはロコモコやポキ丼・パンケーキといった、ハワイならではの名物メニューを楽しめるのもポイントですね。

どちらのリゾートを選んでも、食のおいしさや満足度は高いでしょう。

 

お土産

比較項目ハワイグアム
定番のお土産・ホノルルクッキー
・マカダミアナッツ
・コナコーヒー
・ルピシアのティー
・コナビール
など
・ドライマンゴー
・マカダミアナッツ
・ベアーボトルのはちみつ
・バナナチップス
・グアム1ビール
など

 

ハワイもグアムも、南国のリゾート地らしいお土産が充実しています。

味がおいしいのはもちろん、パッケージも日本にはないかわいらしいデザインなのが魅力です。

ハワイとグアムどちらに行っても、お土産の選択肢は多いでしょう。

 

ハワイとグアムの違い | 目的別

ハワイ

参照:ハワイ州観光局公式ポータルサイト allhawaii

 

旅行目的別に、ハワイとグアムの違いをまとめてみました。

アクティブに動き回るならハワイ、のんびり過ごしたい方にはグアムが向いているでしょう。

 

では、それぞれの違いについて、旅行目的別に紹介します。

 

ハネムーン

ハネムーンの場合、次の観点で行き先を決めてもいいでしょう。

たくさん観光したい→ハワイ

海やホテルでのんびりしたい方→グアム

 

ハワイは観光スポットが多く、豪華なホテルやおいしいレストランも選択肢が多数あります。

5泊7日〜とたっぷり旅行日程を確保して、2人でさまざまな場所を訪れて思い出を作るのがいいでしょう。

 

一方、グアムは、3泊4日程度の少ない日数でも満喫できるのが魅力です。

仕事の都合などでどうしても休みが取れない場合は、グアムを選ぶほうがのんびりできるのでおすすめ。

ダウンタウンではハワイよりもグアムの方が海がキレイなので、海を眺めながらゆっくり過ごすのがいいのではないでしょうか。

 

家族旅行

家族旅行の場合、次の観点で行き先を決めるのはいかがでしょうか。

安心のファミリーツアーで回りたい→ハワイ

ホテル周辺で海に入りたい→グアム

 

ハワイは有名観光地なので、多くのファミリーツアーが企画されており、12歳以下の子どもはお得になるなどの割引も充実。

また、日本語でのサポートも豊富なため、子どもに万が一のことがあったときも、日本語で対応をお願いできます。

 

一方、グアムは、ホテル周辺のビーチやホテルの中にあるプールで、子どもと一緒にのんびりできるのが魅力です。

マリンスポーツやトレッキングなどの、アクティビティに参加できない年齢の子どもにぴったり。

加えて、フライト時間が約3.5時間とハワイの半分以下なので、小さな子どもと一緒に海外リゾートに行きたい方にうってつけです。

 

友達との旅行

友達との旅行の場合、次の観点で行き先を決めてみてはどうでしょう。

ワイワイしたい学生さん→ハワイ

日頃の疲れを癒したい→グアム

 

ハワイは、豪華な海外リゾート地であり、インスタ映えするスポットやカフェもたくさんあります。

また、友達とマリンアクティビティで思い切りはしゃいだり、大型ショッピングセンターで買い物を楽しんだり、賑やかにリゾートを満喫できるのがポイントです。

 

グアムは、たくさんのスポットを回ってアクティブに楽しむよりも、ホテルや周辺の海・観光地をのんびり堪能できるのが魅力。

仕事に追われて忙しい社会人の方も、海外リゾートでリラックスし、休暇をゆったりと過ごせます。

 

ハワイとグアムどっちが良い?おすすめな人

グアム

参照:グアム政府観光局

ここまで、ハワイとグアムの違いについて見てきました。

 

では、ハワイ・グアムそれぞれどんな人におすすめなのでしょうか。

ハワイがおすすめな人

  • ●5日〜以上の休みが確保できる人
  • ●買い物を楽しみたい人
  • ●観光スポットをたくさん周りたい人
  • ●ハワイアングルメを堪能したい人
  • ●春〜夏に旅行に行きたい人
  • ●予算に余裕がある人

 

ハワイがおすすめなのは、まず1週間近くたっぷり休みを取れる方です。

ハワイはグアムに比べて面積も広く、観光・ショッピング・グルメスポットがたくさんあるため、弾丸日程だと十分に回りきれない可能性が高いです。

 

また、4~9月がベストシーズンなので、この時期に旅行を検討している方は、ハワイを選ぶのがよいでしょう。

ハワイはグアムよりも日本から遠く、航空券の値段が張るため、予算に余裕がある方に向いています。

 

グアムがおすすめな人

  • ●弾丸旅行・短期間でもリゾートを楽しみたい人
  • ●長時間のフライトや時差ボケが苦手な人
  • ●きれいな海を楽しみたい人
  • ●ホテル周辺でのんびり過ごしたい人
  • ●冬〜春頃に旅行に行きたい人
  • ●予算を抑えたい人

 

グアムは、弾丸旅行や短期間でも海外のビーチリゾートを楽しみたい方におすすめ

グアムはハワイに比べて面積が狭く、観光スポットもコンパクトにまとまっているので、少ない日数でも満喫できます。

さらに、ホテル周辺でも透明度の高い海を堪能できるのが魅力です。

 

アクティブに観光スポットをたくさん巡るよりも、ホテル周辺やホテルの施設で1日中のんびりと過ごし、リラックスしたい方にぴったり。

ベストシーズンは11~5月なので、日本の寒い時期に、暖かい南国のリゾートへ旅行に行きたいならグアムがうってつけです。

 

また、ハワイより日本から近いグアムは、航空券の価格が安く済むため、費用を抑えて旅行したい方にも向いています。

 

ハワイとグアムの違いを知って自分に合うリゾートを選ぼう

ハワイ

参照:ハワイ州観光局公式ポータルサイト allhawaii

ハワイとグアムの違いや、どんな人にどちらのリゾートがおすすめなのか、紹介してきました。

 

たっぷりの旅行日数で、観光スポットをたくさん回って、豪華に海外リゾートを楽しみたいならハワイ。

短い日数でも旅行しやすく、ホテル周辺でのんびりと疲れを癒す旅をしたいなら、グアムがおすすめです。

 

ぜひこの記事を参考に、どちらのビーチリゾートが自分に合っているかチェックして、旅行に出かけてみてくださいね。

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend