GLAM Editorial

2022.09.26(Mon)

グアム旅行の費用は10万円以下にできる?物価や節約方法まで解説

PR

PR

 

グアム

グアムは安く旅行できると聞くけれど、実際にトータル費用はいくらなのか、物価はどれくらいなのか気になりますよね。

本記事は現地での食費や交通費、アクティビティの料金など、グアム旅行にかかる費用を徹底的にまとめました。

 

家族旅行か友達同士での旅行かグアムでの楽しみ方が変わってくると思いますので、それぞれのパターン別で費用を掲載していますので、ぜひとも参考にしてみてください。

     

    また、グアム旅行の費用を安く抑える方法も掲載しているので最後まで読んでいただき、あなたの最高のグアム旅行にお役立てください。

    パターン別!グアム旅行3泊4日のトータル費用

    参照:グアム政府観光局

    グアムに3泊4日の旅行に行った場合のトータル費用を、家族3〜5人・カップル・大学生 or 友達3人のパターン別にまとめました。

     

    旅行パターン総額の目安1人あたりの費用目安
    家族3〜5人約50万円約10万円
    カップル約30万円約15万円
    大学生・友達3人約24万円約8万円

    ※飛行機はエコノミー、ホテルはスタンダード〜スーペリアクラスを想定して算出しており、グレードを変えると費用感も変わってきます。

     

    では、それぞれのパターン別に費用の内訳をチェックしてみましょう。

    家族3〜5人の費用内訳

    家族3〜5人でグアム旅行をする場合、総額約50万円〜が目安です。

     

    項目総額の目安1人あたりの費用目安
    ツアー代約30万円約6万円
    現地のランチ代約2.5万円約0.5万円
    現地のディナー代約7.5万円約1.5万円
    観光・アクティビティ代約5万円約1万円
    チップ・交通費約5万円約1万円
    合計約50万円約10万円

    ※本記事では、家族5人(大人2人、中学生以上1人、小学生2人)で算出しています

     

    家族5人の場合はホテル1部屋でのツアー予約が困難であることも多いので、2人・3人に分けて別々で申し込むほうが選択肢が増えるためおすすめです。

     

    観光・アクティビティは、8歳以上の子どもがいるなら、一緒に楽しめるシュノーケリング・カヌー・グラスボート・パラセーリングなどが一押し。

    それぞれ1人あたり0.7〜1.5万円程度で追加できるほか、宿泊するホテルの特典で無料で楽しめる場合もあります。

     

    まだマリンスポーツに参加できない小さな子ども連れの場合は、ホテルのキッズプログラムに参加したり、ホテルのプールや水族館を訪れたりするとよいでしょう。

    旅行会社によっては、ツアー内容にベビーバギーの貸し出しやキッズ用のラウンジ利用無料などの特典もあるため、小さな子どもがいる家庭にぴったりです。

    カップルの費用内訳

    カップルでグアム旅行をする場合、総額約30万円〜が目安です。

     

    項目総額の目安1人あたりの費用目安
    ツアー代約18万円約9万円
    現地のランチ代約2万円約1万円
    現地のディナー代約4万円約2万円
    観光・アクティビティ代約4万円約2万円
    チップ・交通費約2万円約1万円
    合計約30万円約15万円

     

    カップルの場合は、ちょっとおしゃれなレストランでディナーを満喫したいはず!

    現地の高級レストランで食事をする場合は、観光客向けの価格になってることが多く日本と比べて料金が高い傾向にあります。

    料理のレパートリーは、ボリューミーなステーキはもちろん、シーフードや中華・和食など、幅広い国や地域の料理が楽しめます。

     

    また、カップルでお互いにプレゼント交換をするのはいかがでしょう。

    グアムは島全体が免税なので、ハイブランド品を日本より安く購入できるチャンスです。

    ※総額20万円を超えてしまうと、日本に帰国する際に課税されるため注意

     

    カップルにおすすめのアクティビティは、イルカウォッチングやディナークルーズ、セスナの夜景クルージングなど、ロマンチックな雰囲気があるプラン。

    料金は少し上がりますが、とっておきの思い出となること間違いなしです。

    大学生や友達3人の費用内訳

    大学生や友達3人でグアム旅行をする場合、総額約24万円〜が目安です。

     

    項目総額の目安1人あたりの費用目安
    ツアー代約16.5万円約5.5万円
    現地のランチ代約1.5万円約0.5万円
    現地のディナー代約3万円約1万円
    観光・アクティビティ代約1.5万円約0.5万円
    チップ・交通費約1.5万円約0.5万円
    合計約24万円約10〜36万円

     

    資金に余裕がない学生の場合は、食事をレストランではなく、チップ代のかからないフードコートやテイクアウトにするのがおすすめ

    グアムは安くておいしいフードコートやキッチンワゴンが多くあり、アメリカ料理以外にも和食・中華・メキシコ料理などたくさんの種類から選べるのが魅力です。

    また、スーパーで食材を調達したりお土産を購入したりするのも、節約できるうえ、日本にはない商品をたくさんチェックする楽しみもあります。

     

    友達同士でアクティビティに参加するなら、バナナボートやシーウォーカーツアー、イルカウォッチングなどのワイワイ楽しめるプランが向いているでしょう。

    費用はそれぞれ4,000〜8,000円程度ででき、他のアクティビティと比較すると少しお手頃です。

    グアムの物価は?滞在中にかかる費用の目安

    グアム

    参照:グアム政府観光局

    グアム滞在中にかかる費用について、項目別に見ていきましょう。

     

    • ●食費
    • ●チップ代
    • ●交通費
    • ●アクティビティ・観光
    • ●おみやげ代

    食費

    グアムの外食代は、日本よりも少し割高です。

     

    食事USドルでの価格日本円での価格
    水500mL約1ドル約143円
    ハンバーガー約17ドル約2,431円
    プレートランチ約8ドル約1,144円
    パンケーキ約10ドル約1,430円
    アイスクリーム約4ドル約572円
    バーベキュー約40〜120ドル約5,720〜17,160円
    レストランのディナー約30〜50ドル約4,290〜7,150円

      ※2022年9月のレート1ドル=約143円で計算

       

      1食当たりの値段は高いですが、1食の量は日本での1人前より多めなので、シェアして食べたり、1日の食事回数を減らしたりすれば意外と値段は気にならないかもしれません

      チップ代

      グアムでは、次のようなサービスを利用した場合にチップ代が発生します。

       

      サービスチップ代
      レストラン会計の15〜20%
      ホテルのルームサービス会計の15%程度
      タクシー
      マッサージ
      ホテルのポーター1ドル/荷物1つ
      ホテルのドアマンにタクシー手配を依頼1ドル
      ホテルのベッドメイク1ドル/1人

       

      チップは日本ではあまり馴染みがありませんが、グアムでは当たり前の習慣なので、忘れずに用意しておきましょう。

      交通費

      グアムでの主な交通手段は、赤いシャトルバス・タクシー・レンタカーです。

       

      交通機関USドルでの価格日本円での価格
      赤いシャトルバス1回乗車4ドル約572円
      赤いシャトルバス1日乗り放題10ドル約1,430円
      タクシー(グアム国際空港から市内まで)約20~25ドル+チップ約2,860〜3,575円
      レンタカー1日約70ドル約10,010円

      ※2022年9月のレート1ドル=約143円で計算

       

      赤いシャトルバスは、メジャーな観光地やショッピングモールなどを巡回しているので、グアム旅行初心者にもおすすめ。

      タクシーは日本のように手を挙げても止まらないので、空港・ホテル・ショッピングモールなどのタクシースタンドで乗るか、レストランなどでスタッフに手配を依頼しましょう。

       

      また、グアムでは日本の運転免許証を持っている21歳以上の方なら、国際免許証なしでレンタカーを運転できます

      右側通行・左ハンドルなど、日本の道路とは異なるので慣れが必要ですが、家族で出かけるなら一番利便性が高いかもしれません。

      アクティビティ・観光

      グアムでのアクティビティや観光は、日本と同じくらいの価格帯で楽しめます

       

      アクティビティ・観光USドルでの価格日本円での価格
      アンダーウォーターワールド(水族館)大人23ドル〜
      子ども12ドル〜
      大人約3,289円〜
      子ども約1,716円〜
      グアムミュージアム

      大人3ドル(55歳以上は無料)
      子ども(学生)1ドル

      大人約429円
      子ども約143円
      パラセーリング約70ドル約10,010円
      カヤック約30ドル約4,290円
      ダイビング約60ドル約8,580円
      シュノーケリング約50ドル約7,150円
      ガイドありトレッキング約80ドル約11,440円
      日本語ガイドあり島内観光約30ドル約4,290円
      ホテルのキッズプログラムホテル宿泊者は無料の場合もあり
      半日約50ドル
      1日約100ドル
      半日約7,150円
      1日約14,300円

      ※2022年9月のレート1ドル=約143円で計算

      ※施設の料金は予告なく変更されることがあります。必ず公式サイト等でご確認ください。

      おみやげ代

      グアムの代表的なおみやげの値段は、以下の通りです。

       

      商品USドルでの価格日本円での価格
      マカダミアナッツチョコレート6個入り約4〜5ドル約572〜715円
      ドライマンゴー約3〜4ドル約429〜572円
      アイランドガールのネイルオイルミニボトル6つセット約16ドル約2,288円
      グアム1ビール約2ドル約286円

      ※2022年9月のレート1ドル=約143円で計算

       

      グアムは、州税や消費税がかかりません。

      ばらまき系のおみやげは、ABCマートやKマートなどのスーパーで購入すると安くそろえられますよ

      グアム旅行の費用を安く抑える方法

      グアム

      参照:グアム政府観光局

      • ●安い時期を狙う
      • ●フライト時間は夜発・朝帰国
      • ●格安のツアーやキャンペーンを利用する
      • ●ホテルではなくAirbnbを利用する

       

      グアム旅行の費用を抑えるには、4つの方法を実践してみましょう。

       

      安い時期を狙う

      グアム旅行の値段が最も安くなるのは、5月中旬〜6月頃

      この時期を狙って行くと、ハイシーズンの5〜3分の1程度の価格で旅行できる場合もあります。

       

      逆に、GWやお盆、年末年始などの長期休暇中は旅行料金が高くなるので、できれば避けたほうがよいでしょう。

      フライト時間は夜発・朝帰国

      安くグアム旅行したいなら、グアムへのフライトの時間を夜発にするのがおすすめです。

      グアムに到着するのが深夜になってしまうデメリットがありますが、昼発の便に比べて安く利用できます。

       

      また、日本に帰国する際も、朝到着する便にすると料金を抑えることが可能です。

      格安のツアーやキャンペーンを利用する

      格安のパッケージツアーやキャンペーン料金を利用するのも、グアムに安く行くコツです。

       

      年始の初売りセールや閑散期のキャンペーンなら、飛行機とホテルのほか、現地でのアクティビティや交通費もすべてセットになった破格のツアーが売り出されることもあります。

      旅行予約サイトをこまめにウォッチして、セールやキャンペーンを逃さないようにしましょう

      ホテルではなくAirbnbを利用する

      グアム旅行の費用を抑えるなら、ホテルよりも安く宿泊できるAirbnbを利用するのも手です。

      キッチン付きなら、スーパーで購入した食材を調理して食費の節約もできます

       

      大人数やファミリーなら一軒家を貸切にできたり、まるで自分の家のようにのんびりくつろいだりできるのも魅力です。

      グアム旅行費用は工夫次第で節約できる

      グアム

      参照:グアム政府観光局

      グアム旅行の費用について、パターン別の旅費総額や節約方法を見てきました。

       

      グアムに旅行するなら、トータル費用で1人あたり10万円〜くらい必要ですが、旅行時期やフライト時間を調整したり、格安ツアーを利用したりすることで節約できます。

       

      費用を抑えて海外のリゾートビーチを堪能できるうえ、日本から約3時間半と近く、時差にも悩まされないのがグアムの魅力です。

      ぜひグアム旅行に訪れて、自然や料理・ショッピングを満喫しましょう。

      OTHER ARTICLES

      Other Articles

      おすすめ記事

      RECOMMEND

      Recommend