GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.03.14(Sat)

「ブラード・ラインズ」盗作裁判で敗訴したロビン・シック&ファレル・ウィリアムスが控訴へ!

ファレル・ウィリアムス&ロビン・シック

 大ヒット曲「ブラード・ラインズ~今夜はヘイ・ヘイ・ヘイ♪」が盗作であると訴えられていた裁判で敗訴した歌手のロビン・シック(Robin Thicke)と音楽プロデューサーのファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)が、故マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)の家族とのバトルはまだ終わっていないと宣言した。

 長引いた著作権侵害の裁判は今週、一審判決が下され、ロビンとファレルはマーヴィンの名曲「黒い夜(Got to Give it Up)」を盗用して「ブラード・ラインズ」を作ったとする有罪判決を受けた。

 しかし11日、ロビンとファレルの代理人を務めるハワード・E・キング(Howard E. King)弁護士は、控訴して争う姿勢を明言した。

 「世界中の作曲家のため、この判決が有効ではないことを明らかにする責任がある」とキング弁護士は米Fox Business Networkでコメントした。「依頼人は『ブラード・ラインズ』という曲を、他の音源ではなく自分たちの心と魂で創ったことを知っている。あらゆる裁判後の手続きを駆使し、この判決を必ず無効にさせる。今の状況は、野球で言えば7回に差しかかったところで、延長も視野に入っていると言える」

 有罪判決を受け、マーヴィンの家族は損害賠償金として約740万ドル(約8億9,800万円)を認められ、娘のノーナ(Nona)は勝訴した喜びを興奮気味に語った。

 「法廷で正義が行われるのを目の当たりにできた、すばらしい日だわ」と彼女は米New York Daily News紙に語った。「苦しみから解放された気分。わたしたちの曲がコピーされ、相手からほとんど反応もないままだった2年間は、まるでひどく痛いジョークみたいに思える。あの曲はわたしたちの父が遺した遺産なのだから」

 マーヴィンの子どもたちは2013年に法的手段に踏み切った。ファレルとロビンは今回の裁判で敗訴したものの、陪審員団はT.I.(ティーアイ)として知られ、同曲でラップを披露している歌手のクリフォード・ハリス・Jr.(Clifford Harris Jr.)は著作権侵害に関わっていないとも認めた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi
natsumi