GLAM Editorial

2012.03.05(Mon)

手元で魅了し、目線を惹きつける万年筆こそ女の嗜み MONTBLANC モンブラン 筆記具の最高峰を牽引する多彩なコレクション

lifestyle_1203

今回ご紹介する2つのコレクション。 1つは、のちにモナコ公妃となられるグレース・ケリーの美とエレガンスさとスタイリッシュさとともに慈悲や家族愛を信念とした彼女へのトリビュートコレクションとして誕生した「コレクション プリンセス グレース デ モナコ スペシャル エディション」。 高貴なロイヤルパープルにしたためられたボディに優美なシャンパンゴールドをあしらい、クリップ部分にはドロップ型のピンクトパーズを配した気品ある美しさを表現。また万年筆のペン先はK18イエローゴールドをハート型にくり抜き、キャップと本体のリングにはモナコ公国の紋章からインスパイアされたダイヤ型パターンも施した逸品。 2つめは、「トリビュート トゥ ザ モンブラン クラシック」コレクション。ブランド名にも由来するモンブラン山へのオマージュでもあり、今回は雪で覆われた光景を彷彿とさせるピュアホワイトのラッカー仕上げで、万年筆の首軸はプラチナ装飾、ペン先はK18ロジウム装飾と壮大なスケールを思わせる幻想的な仕上がりに。もちろんどちらのコレクションにも山脈の氷河や万年雪を象ったシンボリックな「ホワイトスター」も健在。 筆記具を使い、文字を記すことで、時代を問わない価値を知ることができるはず、です。


メイン写真/左上から:「コレクション プリンセス グレース デ モナコ スペシャル エディション」万年筆 94,500円、「トリビュート トゥ ザ モンブラン クラシック」万年筆 111,300円、「マイスターシュテュック」ペンケース 16,800円(すべて税込み)

新定番3つのポイント
1.繊細なデティールの巧妙な技
2.女らしさを表現するグレイスフルな書き心地
3.より選択肢の広がったデザイン性の高さ

photoM112

1:メインカットで撮影した商品の色味がこちら。類まれなる職人技から誕生する万年筆の美しさは手にした時にこそ初めてその良さを実感するもの。

photoM211

2:人気の作家シリーズ限定品より。昨年はピノッキオの生みの親でもあるイタリアの作家を讃えたものを発表。上から:「作家シリーズ カルロ コッローディ」万年筆126,000円、ボールペン 88,200円(税込み)

photoM311

3:首軸にはモンブラン山系の全景と山頂の名を刻印。「トリビュート トゥ ザ モンブラン クラシック」ローラーボール 98,700円(税込み)

■お問い合わせ
モンブラン ジャパン03-5214-4810
http://www.montblanc.co.jp/
Photo/Osami Watanabe (FOREST)、Composition&Text/ai utsuno

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.05.21(Fri)

眉毛のアートメイクをしている芸能人11選 | 完璧な眉毛は実はアートメイクだった!
GLAM Editorial

2021.05.25(Tue)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial