GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.09.16(Tue)

「ラブコメの女王」ケイト・ハドソン、幸せな恋愛の秘けつを伝授!

ケイト・ハドソン

 恋愛映画の名作『あの頃ペニー・レインと』などで知られる女優のケイト・ハドソン(Kate Hudson, 35)が、幸せな恋愛の秘けつを明かしている。

 ケイトは英ロックバンド、ミューズ(Muse)のフロントマン、マット・ベラミー(Matt Bellamy)と2児を育てている。お互いに仕事で忙しいとはいえ、ケイトはできるだけ一緒に時間をすごすことを最優先しているという。

 「それほど遠距離というわけでもない。それに仕事で移動も多い。どうやってうまくいくようにしているかと言うと、あまり離ればなれのままでいないことね」と彼女は米Women’s Health誌で語った。「2週間以上、会わない時間が続かないようにしている。子どもがいたら、それは言うまでもないわ。それに子どもたちに2週間以上会いたくない人はいない」

 「それに私たちは、よく仕事でいろんなところに行かなくちゃいけない。でもそれは本当に遠距離交際というわけでもないから、ラッキーなところでもあるわ。私にとって、子どもがいる女性は海外で苦労させられている。それが遠距離で、とても大変なこと。それを現実にやっている家族はすごいと思う」

 そしてケイトとマットが一緒に時間をすごすとき、2人は以前のように夜のデートに出かけるのが最高だという。好きなデートは映画に行ったり、食事をしたり、ベッドで時間をすごしたりすることのようだ。

 「今でも夜のデートをしている。お互いに時間を作るように心がけて、実際にそうできているのはすごくラッキーなことだわ」とケイトが話している。「だから夜のデートでは色んなことをしている。映画の後で食事したり、ベッドから出なかったり、コンサートに行ったり。そういうデートがお互いに好きなの」

 ケイトはブルース・ウィリス(Bruce Willis)やビル・マーレイ(Bill Murray)、テイラー・キニー(Taylor Kinney)らと共演した最新作『Rock the Kasbah(原題)』の撮影を終えたばかりだ。共演者の名前を聞けば、どんな女性でも嫉妬でうらやましがるとはいえ、ケイトには他にも今後共演できたらと思う役者が数人いるという。

 「一緒に仕事をすると楽しく、困難だけどやりがいがあって、現場ではすごく盛り上がれると思う人が3人いるの」とケイト。「それはブラッドリー・クーパー(Bradley Cooper)。一緒にいるととにかく楽しい。それにマイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)。当たり前だけどとても楽しいし、すごい才能の持ち主だわ。他にもたくさんいる。レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)。レオとはぜひ一緒に仕事がしてみたいわ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial