GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.15(Wed)

ジョージア・メイ・ジャガー、マルベリーの新キャンペーンで「ブリティッシュ・クール」宣言!

ジョージア・メイ・ジャガー

 モデルのジョージア・メイ・ジャガー(Georgia May Jagger, 23)が英レザーグッズブランド、マルベリー(Mulberry)の新キャンペーンで「ブリティッシュ・クール」スピリットの継承をサポートする。

 ジョージアはマルベリーの2015年秋冬プロモーションに起用され、その新イメージが公開された。

 うち1枚で、ジョージアは赤いレンガの壁を背に立ち、ブラックハットの影で顔の一部を隠し、ムードたっぷりの表情をカメラに向けている。グレーのウールコートを着て、ブランドを代表するバーガンディ色の「ベイズウォーター」バッグを持っている。

 撮影はロンドンのチェルシー地区で行われ、英国のルーツにこだわるために選ばれた。

 「マルベリーは英国生まれであることを誇りに思う。国際的な成長を続ける中、ブリティッシュ・クールのスピリットを伝えていくことが大事だ」とティエリー・アンドレッタ(Thierry Andretta)CEOはファッション業界紙「WWD」に語っている。

 撮影は有名フォトグラファーのアラスデア・マクレラン(Alasdair McLellan)が担当し、テーマは1970年代の雰囲気をストレートに伝えることだ。ベイズウォーターに加え、「ロクセット」と「ミニ・ジェイミー」バッグも登場する。

 スチールの他に動画も撮影されており、英ロックバンド、ジーザス&メリーチェイン(The Jesus and Mary Chain)がバッキング・ソングを担当した。

 他のブランドも新キャンペーンを展開しており、キャロリーナ・ヘレラ(Carolina Herrera)も最新キャンペーンを公開している。リリー・オルドリッジ(Lily Aldridge)が広告塔を務める同キャンペーンでは、マリオ・テスティーノ(Mario Testino)が初めて撮影を手がけた。テーマは家族で、リリーの他にもう1組のカップルが登場する。2組のカップルの視線は、中央でクリームとグリーン、そしてパープルの3色のバッグをつかんでいる青い目の赤ちゃんに注がれている。

 このショットは、家族が同ブランドで仕事をしているヘレラに向けられたものとみられている。

 「南米の世界がアメリカにその文化と伝統、価値観、そして家族とシック感をもたらすことを示している」とペルー出身のテスティーノはWWDに語っている。「南米人がどうドレスアップしたいか、どう自分を見せたいのかを表しているが、その精神を本当に体現しているのはキャロリーナ・ヘレラ自身に他ならない」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial