GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.04.11(Sat)

スコット・イーストウッド、アシュトン・カッチャーの浮気相手は元恋人だったと爆弾発言!

スコット・イーストウッド

 俳優のスコット・イーストウッド(Scott Eastwood)が、アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher, 37)が当時の妻デミ・ムーア(Demi Moore, 52)と離婚する原因となった浮気の相手は自分の元恋人だったと暴露した。

 デミはアシュトンが6回目の結婚記念日に浮気したと報じられた2ヶ月後の2011年11月に別居を認めた。

 アシュトンはサラ・リール(Sara Leal)という女性と一夜を共にしたと伝えられていたが、ここへ来てスコットはサラと当時交際していたと主張した。

 「気休めになるかどうかは分からないけど、彼が僕の元恋人の1人と寝たのは確かだ。彼女とは当時付き合っていたんだ」とスコットは米トーク番組「Watch What Happens Live」でのインタビューで、司会のアンディ・コーエン(Andy Cohen)に告白した。

 驚いたアンディは次のように切り返した。「ちょっと待って、君が付き合っていたときに彼が彼女と寝たというのかい? どうやってそれを知ったんだ?」

 「それがきっかけでデミと別れたと思う」とスコットは説明した。「あれは彼女とその友だちの写真だったのを覚えているかい? 僕と僕の友だちは、彼女たちと付き合っていたんだ。うーん、スキャンダルだね」

 スコットはサラと真剣に交際していたわけではないので、アシュトンに対して悪い感情は持っていないと力説した。

 スコットは同番組に、人気コメディシリーズ「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」でアシュトンと共演したジョン・クライヤー(Jon Cryer, 49)と一緒に出演。アシュトンとジョンは撮影現場では良い関係を築いていたが、実はジョンはデミと交際した過去があるだけに、違う状況になった可能性もあったようだ。

 放送中にある視聴者から電話がかかり、共演を始めた当初、ジョンはアシュトンの間に気まずい雰囲気があったかどうか質問を受けた。ジョンは喜んで質問に答え、関係が悪化しそうになったエピソードを披露した。

 「デートしていた、と言えるね」とジョンはデミとの関係について語った。「彼は彼女と結婚することになったけど、彼女とデートしていた時期がある。ちょっと気まずかったとは言えるね。そのことを話題にしたことはないし、もちろん細かい話にはならなかった。そんなのはクールじゃない。初めて実際に会ったとき、彼が知っているのかどうか分からなかったから、その話題を避けていたんだ。『かわいい奥さんはどうしてる?』とか言って、クールに振る舞うようにしていた。でもミーティングの後で彼が僕を脇に連れ出して、『大丈夫。しばらく前に聞いたよ』と言うんだ。それからはすぐに仲良くなったよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.13(Thu)

眉毛のアートメイク失敗例12選 | 失敗した場合の対処法も合わせて解説
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

NEW 2021.05.15(Sat)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.09(Tue)

この春のお仕事ドリンク…美味しそうな新作紅茶が気になる♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial