GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.03.26(Thu)

まるで恋人!?ケンダル・ジェンナー&ジャスティン・ビーバーがペアを組んで米ヴォーグ誌に登場!!

ケンダル・ジェンナー&ジャスティン・ビーバー

今もっとも注目され人気のある米出身のモデル、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)と、何かとお騒がせな人気歌手、カナダ出身のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)がペアを組み、ハイクラスなファッション雑誌 Vogue 米版4月号に登場し話題となっている。

カルバン・クライン(Calvin Klein)アンダーウェアの新しいモデルにも抜擢されている二人は、引き締まった小麦色の肌を惜しげなく見せ、まさに若さの象徴とも言える美しさでページを飾っている。

掲載された写真は、世界的にも名が知られているファッション・フォトグラファー マリオ・テスティーノ(Mario Testino)氏が撮影、二人の水着姿がいくつか載せられており、燦々と降り注ぐカリフォルニアの太陽の下、プールサイドで行われた。

19歳のケンダルは、モデル業界のイットガールとして、またたく間に知名度を上げ、ファッションウィークではトップブランドのショーには全て出演、そしてまもなく全雑誌の表紙を制覇しようとしているほどの人気っぷりだ。

一方、今月初めに21歳の誕生日を迎えたジャスティンは、モデルとしての仕事にはまだ少し馴染めない様子だった。しかしそれを表には出さず、そんな状況でもプロフェッショナルであることを見せつけた。

「本当は内気なんだ。」というジャスティン。

「でも、ファッションの撮影とか、ステージに立っている時、つまり自分がオンの状態の時、僕は緊張したりしないんだ。」と雑誌で語っている。

名声を得ることや有名になることは、もちろん成功とともについてくるものだが、ケンダルについては、今もなお続けようとしている、彼女の家族を追ったリアリティ番組「Keeping Up With the Kardashians」に登場し、スポットライトを浴びるようになったのだ。

今回のインタビューでケンダルは、一面ニュースになることなく、ジムにすら行けなくなった、と話している。

「ただサングラスだけ手に取って、どこへでも行けるって思うようにしているの。でもジムにいる時、半ば無意識に、体力を少し残しておかなきゃ、ジムを出てから車のシートに座るまで一直線に、40ヤード(約37m)を4.5秒以内でダッシュできないわ、なんて気がついたら考えているのよ。」

と胸の内を明かした。

また、同雑誌の記事でケンダルは、モデル仲間で友人のジジ・ハディッド(Gigi Hadid)や、俳優のアンセル・エルゴート(Ansel Elgort)など登場もしている。ケンダルはSNSなどで写真をアップした際、彼らのことを親しみを込めて、“ドリーム・チーム”と名付けている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.08(Sat)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.28(Thu)

【厳選】おすすめハーブティーブランド|贈り物やプレゼントにも最適!
natsumi
natsumi

2019.12.27(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP5発表!
高山 都
高山 都

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial