薦岡 摩梨奈
薦岡 摩梨奈

2015.12.17(Thu)

聖なる夜にふさわしいミステリアスでホットなクリスマスランジェリー

Christies_s.jpg

写真:Christies (http://www.christieslingerie.it/en)


近づく鈴の音、来週に差し迫ったクリスマス。愛する人へのクリスマスギフトを準備したら、彼が予約してくれている話題のレストランディナーに着ていく洋服を決めて。クリスマスの恋人達ほど、何もかもがロマンチックでスペシャルな日に胸を高鳴らせているものはないのかも。
スペシャルな日に着ていくドレスの下は何を着ていく?やっぱりスペシャルなランジェリーでないと盛り上がらない。もちろん、彼からのギフトにランジェリーなんて願ってもないサプライズなギフトだけど、ドレスの下にとっておきのランジェリーを忍ばせておくのもレディな嗜み。

クリスマスの大事な日に着ていきたい、ゴージャスでおしゃれなランジェリーをリストアップ!

Christies〈クリスティーズ〉


Christies bra s s

イタリアを代表するラグジュアリーなブランドのひとつ、クリスティーズからはセンセーショナルなまでに華やかなネックラインを演出する一枚レースのブラ。ブラックの繊細なレースが肌にのせた時にシャドウのようにコントラストを与えて美しく見せてくれる。大きく開いた胸元から覗かせて、ミステリアスな女性を演出して。
http://www.christieslingerie.it

Dolci Follie〈ドルチ フォリエ〉


Dolci follie s s

ロンドンのエッジーな新鋭ブランドを多数セレクトしているランジェリーショップ、ドルチ フォリエからオリジナルラインが登場。ゴールドサテンシルクの2本のアンダーストラップが背中を魅せるロングブラ。背中があいたドレスに合わせて印象的なバックスタイルに。オリジナル性の高いこちらのアイテムは12月16日より伊勢丹新宿店で期間限定ポップアップストアにて発売。
http://dolcifollie.co.uk

Andres Sarda〈アンドレサルダ〉


Andres Sarda bf 33053 ZWA s s

独創的で情熱的なデザインが目を見張るスペインのプレステージブランド、アンドレサルダからは、タータンチェックプリントのランジェリーをセレクト。クリスマスらしい暖かみのあるプリント柄はランジェリーで取り入れるのも楽しい。肌触りの良いごく薄いチュールにプリントされているので、王道の柄も子供っぽくならずに大人の余裕を感じさせて。
http://www.andressarda.com/US/en

I.D.Sarrieri〈アイ・ディー・サリエリ〉


I D Sarrieri s

ルーマニアのラグジュアリーブランド、 アイ・ディー・サリエリはクリスマスシーズンにふさわしい品格。スペシャルな日には美しいレースを存分に愛でられるボディスーツを選ぶのも手。バーガンディカラーのドラマティックなレースで身体を包んでまるでラッピングのように。長めの袖をアウターから覗かせてレースを楽しんでも。
http://www.sarrieri.com

Agent Provocateur〈エージェントプロヴォケーター〉


AP s

英国を代表する言わずと知れた、ランジェリー界にセンセーショナルを巻き起こしているブランド、エージェントプロヴォケーター。ブランドの象徴でもあるシルクのパイピングのローブやパジャマは、シルクのつややかな肌触りやなめらかな女性らしいボディラインで、お部屋で過ごすクリスマスの夜に最適。上質なシルクローブをさっと羽織って大人の女性の貫禄を見せつけて。
http://www.agentprovocateur.com/gb_en

OTHER ARTICLES

2016.02.10(Wed)

大人のバレンタインはランジェリーでヒートアップ
薦岡 摩梨奈
薦岡 摩梨奈

2015.12.26(Sat)

ラブ運がアップ!新年を赤いランジェリーで迎える年越しランジェリー
薦岡 摩梨奈
薦岡 摩梨奈

2015.03.03(Tue)

パリにオープンしたラグジュアリーランジェリーショップ【パリ国際ランジェリー展レポート vol.4】
薦岡 摩梨奈
薦岡 摩梨奈

RECOMMEND

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.24(Sun)

デスク周りをおしゃれに快適にしたい!女子におすすめグッズ9選
nanat
nanat

2020.10.08(Thu)

東京のお土産ならスイートポテトがおすすめ!話題の商品はどれ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team