GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.09.02(Tue)

アーティスト、シェパード・フェアリーのスペシャルDJプレイも!Hennessy Very Special Limited Edition発売記念パーティが開催

hennessy-1_1409

Hennessy Very Specialとアーティスト、シェパード・フェアリーの珠玉のコラボレーション

ヘネシーの神髄であり、独自のスタイルを持った“The Art of Blending”を表現するHennessy Very Special。フルボディで芳醇なフレーバーが長年にわたり支持されています。ヘネシーがそのVery Special Limited Editionのデザインのために招いたのは、21世紀初頭のアメリカが生んだ最も重要でポピュラーなアーティストであるシェパード・フェアリー。 彼は、ヘネシーと調和するパワフルな作品を作るために、コニャック地方のヘネシーメゾンで、ブランドの真髄へと迫ります。そうして生まれたデザインは、そのボトルを手にした人と「親密な関係」を作り上げるというアイデアのもと、伝統と革新の完璧なバランスを実現しています。彼のアイコンである「アンドレ・ザ・ジャイアント」とともに、ボトルの中央に描かれた「スター・アイコン」は、Shepard Faireyの完全性と自己統一性の追求を表現。まさに、彼自身の精神性とヘネシーの歴史が見事に表現されたクリエイションが誕生しました。

hennessy-2_1409



hennessy-3_1409

今シーズン最高のDJイベント!“Very Special World Tour”in Tokyoが開催

ヘネシーは、コラボレーションのコンセプトをさらに押し広げ、シェパード・フェアリーを招き、Very Special Limited Editionの発売を祝して“Very Special World Tour”を開催!同ツアーでは、ロサンゼルス、ニューヨーク、東京、ヨハネスブルグ、ベルリンなど、世界で最も影響力の大きな10都市を回ることが予定されている、今シーズン最注目のDJイベント。2014年8月28日に東京タワーのふもとで行われたパーティでは、シェパード・フェアリー オリジナルのDJセットを囲んだ円形の会場が、Very Special Limited Editionの誕生を祝う多くの人々の熱気でいっぱいに。バーカウンターでは、オリジナルのカクテルがふるまわれ、会場を囲む壁にはVery Special Limited Editionのイメージやシェパード・フェアリーのアートパフォーマンスの様子が映し出され、会場の盛り上がりを一層高めていました。また、会場内には、シェパード・フェアリーのアートを疑似体験できるような、スプレー型のデジタルアートスペースも。熱気と興奮が世界中に広がっていくことを確信した一夜でした。

hennessy-4_1409

OTHER ARTICLES

NEW 2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial