GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2013.02.05(Tue)

ファッション界の風雲児! トム フォードがたどり着いた魅惑のコスメティックたち トム フォード ビューティー  旬顔になれる「カラーコレクション」

beauty_1302

 自身の名を冠して、2012年10月末、阪急うめだ本店に一部アイテムのみ、先行上陸を果たした「トム フォード ビューティー」。数々のメゾンデザイナーを歴任してきたトム氏ならではの独創的かつ、発想の豊かさはビューティー界への進出においてもセンセーショナルな話題をさらったのは記憶に新しいところ。 「ビューティーとは知性。だから、あなたがどんなに素敵な女性であるかを最高に美しくなる事でアピールしよう」と語るトム氏。世界中のあらゆる女性が美に対して平等であり、グラマラス&ラグジュアリーに変身する価値を持っているからこそ、メークアップだけではなくスキンケアまで試してほしいと願う気持ちは、このメッセージからも理解できる。長年、ファッション業界に身をおいた彼らしく、高機能なスキンケアは、例えるならインナー。そこにアウターとなるベース メークアップを重ね、センスの良いアクセサリーの役割りとなるのが、アイカラー、リップ、ネイルなどのポイントメークアップとなる。このように、ワードローブに見立て、コスメを構築していく様は、とてもユニーク。2月27日より伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店でフルコレクションを発売予定とあり、高感度な美意識に出会うチャンスは、今から楽しみである。


メインカット/<左上から時計まわりに>リップ カラーは全16色。No.07ピンク ダスク、No.22フォビドゥン ピンク、No.10チェリー ラッシュ、No.21ネイキッド コーラル、No.09トゥルー コーラル。リップ カラー 各6,300円<右上>No.11ラベンダー ラストのアイ カラー クォード 8,400円<右下>トム フォード ブラック オーキッド オード パルファム スプレィ30ml 8,925円(すべて税込み)、その他は私物

新定番3つのポイント
1.モードなメークに浸れるカラーマジック
2.使い勝手の良さも魅力なスキンケアシリーズ
3.一切の無駄を省いた洗練パッケージ

image_L01

1:ふっくら効果も期待できるウルトラ シャイン リップ グロスは全10色。<左から>No.04ピンク ギルト、No.06シュガー ピンク、No.01ネイキッド、No.07ピーチ アブソルート。 各5,040円(すべて税込み)

image_L02

2:輝きと艶を追求のネイル ラッカーは全16色。<左から>No.12コーラル ブレイム、No.11ジンジャー ファイヤー。各3,885円。(すべて税込み)

image_L03

3: 4つの質感なアイ カラー クォードは全10色。<手前から>No.12セダクティブ ローズ、No.01ゴールデン ミンク、No.10チタニウム スモーク。各8,400円(すべて税込み)

■お問い合わせ
トム フォード ビューティー 03-5251-3541
Photo/Osami Watanabe(FOREST)、Composition&Text/ai utsuno

OTHER ARTICLES

2019.10.09(Wed)

シャングリ・ラ ホテル 東京「Chiスパ」の秋限定メニュー。「禅 セラピー」で心身を解放!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.10.08(Tue)

セレスティアブルーが美しい、ヴァン クリーフ&アーペルのホリデー限定ペンダント
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.10.04(Fri)

人気インフルエンサー・大口智恵美を包んだ“英国の高級感”――レンジローバー イヴォーク
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2019.10.04(Fri)

人気インフルエンサー・大口智恵美を包んだ“英国の高級感”――レンジローバー イヴォーク
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.07.11(Thu)

肌に身体に水分補給!「アクアフルネス」でうるおう夏を過ごしませんか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.05.31(Fri)

これが最後の恋になるかも。ホテルディナーで彼にグッと近づけるその理由
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.09.06(Fri)

【GLAMなオトコ】Vol.26小栗旬、本能と衝動で生きた色男の文豪、太宰治への共感と羨望とは?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.05.03(Fri)

【ラスベガス贅沢トリップ Vol.2】マライア・キャリーからシルク・ドゥ・ソレイユまで! 圧巻のパフォーマンスに大興奮
國方 麻紀
國方 麻紀

2019.09.20(Fri)

【ラグビーW杯特集】イケメンラガーマンにトライ!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team