Nicole
Nicole

2015.06.10(Wed)

初夏到来!メイクを崩さない おすすめベースアイテム

RIMG5771

 

記録的な暑さとなった5月。例年なら一年で最もさわやかな季節となる5月ですが、今年は既に梅雨明けなのでは、と思うほど日差しの強い暑い日が続きましたね。6月も暑さが続いていますが、そこで心配になるのがメイク崩れ。私は20代前半まではドライスキンだったのですが、後半から突然夏限定のコンビネーションスキンになり、30代の今は年間を通してコンビネーションスキンになりました。ここ数年はいかにメイクを崩さないか、に焦点を当ててスキンケアやベースメイクアイテムを選ぶようにしています。今日はそんなコンビネーション&オイリースキンガールに向けて、夏でもメイクを崩れにくくしてくれるベースメイクアイテムをご紹介します。

 

キールズ ブラー

頬や小鼻の気になる毛穴をぼかしてくれる、塗るフォトショップ。さらっとした質感で、これを下地として付けておくだけでメイクのノリが良くなるだけでなく、皮脂の分泌量をコントロールしてくれるような使い心地です。去年から愛用していますが、使い始めてから以前のようなアグレッシブなテカり方をしなくなりました。

 

e.l.f. Undereye Setting Powder

アメリカのプチプラコスメe.l.f.の目の下用セッティングパウダー。日本円にして約350円と超プチプラなのにものすごく優秀なパウダーで、海外のYouTuberやブロガーの間でも人気の商品。目の下のコンシーラーを付けたあとにパウダーブラシで軽くぽんぽんとのせてあげると、コンシーラーが崩れないし全くヨレないのです。ラメ入りですが付けると全く気にならないほどナチュラル。一度使うと手放せません。

 

エスプリーク 毛穴カバー パーフェクト下地CC

今年発売になったエスプリークの毛穴のカバー力に優れたCCクリーム。CCクリームなのにファンデーションに匹敵するほどの毛穴カバー力が素晴らしいだけでなく、お肌を自然且つマットな質感に整えてくれるのが◎。ほぼ単体で使っていますが、メイク下地として使うときはCHANELのヴィタルミエールアクアと合わせています。この組み合わせだとお肌が陶器のようになめらかな質感に仕上がる上に、メイクの持ちが非常に良くなるので気に入っています。

 

e.l.f. Makeup Mist & Set

以前もご紹介したことのある、e.l.f.のセッティングスプレー。すべてのメイクが終わったら、肘をほんの少し曲げるくらいの距離でシュシュっと二度ほどスプレー。お肌が塗れない程度に軽くスプレーするだけで、メイクの持ちが断然良くなるから驚き!あまり近くでスプレーすると逆にテカっているかのような質感になってしまうので、ある程度距離を置いて。これのお陰でアイブロウやアイシャドウ、チークの持ちまで良くなるから手放せません。

 

Rimmel London Stay Matte Powder

数年前、イギリスのYouTuberやブロガーの間で爆発的人気となり、以来定番化しているのがRimmelのStay Matte Powder。日本では未発売ですが、イギリスのコスメ通販サイトfeeluniqueから送料無料で購入することが出来ます。何色かあるのですが、色がつかないTransparentがお勧め。Stay Matteという名前の通り、お肌をマットにキープしてくれるプレストパウダー。年季が入っているのが写真からも伝わると思いますが、粉っぽくならないのにテカりを防いでくれる優秀なパウダーです。

 

モイスチャライザーや日焼け止めを使ったあとのティッシュオフも忘れずに!ファンデーションを付ける前のこの一手間で、メイクの持ちが良くなりますよ。

OTHER ARTICLES

2017.09.12(Tue)

【ロンドン コスメ散策】知る人ぞ知る ニッチコスメの宝庫 Content Beauty&Wellbeing
Nicole
Nicole

2017.08.16(Wed)

【ロンドン コスメ散策】美容好きなら絶対に訪れたい!イギリスの大人気コスメショップ Space NK
Nicole
Nicole

2017.08.10(Thu)

「幸福感が美しさを創る」オーストラリアのナチュラルコスメブランド Flora Remedia
Nicole
Nicole

RECOMMEND

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial