GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.10.24(Fri)

サラ・ジェシカ・パーカー、「SATC」ロケ地で無許可撮影を敢行し近隣住民が激怒!

Cannes Lions 61st International Festival of Creativity, Cannes, France - 16 Jun 2014

 米人気TVドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」(SATC)で知られる女優のサラ・ジェシカ・パーカー(Sarah Jessica Parker, 49)が、ニューヨークの住民を「激怒」させている。

 サラは市内のプリンス・ストリート66番地で事前の通告なしに自身が手がける靴ブランドの写真撮影を行った。同地はドラマでサラ扮するキャリー・ブラッドショーが住んでいた場所としても知られている。

 ところがここに住む住民は、突然注目の的になったことに憤慨したようだ。「どうか階段にのぼらないで」という看板が正面階段に掲げられていただけに、怒りもなおさらだったらしい。

 「観光客が常日頃から容赦なく押しかけて来る上、『立ち入り禁止』の看板があるにも関わらず、サラ・ジェシカ・パーカー(SJP)がなぜ撮影を承認したのか説明してほしいという要求を無視したため、オーナーたちは激怒している」とある事情通は米The New York Post紙の付録雑誌「Page Six」に語っている。「SJPはドラマのために何年も自分たちの家を撮影で使用した上、今回にいたっては彼女とその会社が靴ブランドのプロモーションのために階段と玄関を無許可で使用したことを認めようとしない」

 サラは10月7日、事前通告なしのセッションで撮影した写真をInstagramのフォロワーに公開しているが、プリンス・ストリート66番地の住民がどれほど怒るのか理解が足りなかったようだ。

 サラがその日Instagramで公開した画像のうち1枚には、次のようなキャプションが添えられている。「SJPコレクションの靴で出勤する日。キャリーにとって長い一日。ハイヒールで階段を駆け下りてタクシーをつかまえるの!」

 問題のスティレット・ヒールは、全米のデパート「ノードストロム」で販売されている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.07(Wed)

おしゃれなテントでキャンプを楽しもう!おすすめテント5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial