GLAM Editorial

2015.12.01(Tue)

ニコラス・カークウッド、自身のシューズブランド立ち上げから10周年も、まだ自分はスタートしたばかりと意欲満々!

ニコラス・カークウッド

自身の名を冠したシューズブランドが人気の英デザイナー、ニコラス・カークウッド(Nicholas Kirkwood)。彼のブランドは今年で10周年を迎え、ミランダ・カー(Miranda Kerr)、ジェシカ・アルバ(Jessica Alba)、キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)などといった多くのセレブもファンにつけて好調だが、ニコラスとしてはこれまでの10年間の成功よりも、自分のブランドのこれから先の将来に、よりワクワクしているという。

「最初の10年は、単なる始まりだと思っている」と、ニコラスはファッション業界紙WWDに対して語った。

「ブランドで何を訴えたいかを定めるのが、最初の10年だった。ブランドが以前より確立しているこの次の10年は、ブランドの幅を広げ、これまで探求して来なかった他のカテゴリーにも、出来れば挑戦していく10年になる」

ニコラス同様、今年自身が率いるブランドが10周年を迎えたビッグネームのデザイナーには、他にもアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)やロクサンダ・イリンチック(Roksanda Ilincic)などがいる。

軽やかで明るい色使いと、成人用女性服と共に子供服ラインを提供することでも知られるロクサンダも、いろいろな企画を温めているようで、10周年にあたり、自分のブランドの軌跡をじっくり振り返るよりもむしろ将来にやはり目が向いているようだ。

「ファッションの変化は実に早くて、後ろを振り返って変化に気付く時間さえあまりないぐらい」と、ロクサンダは語った。

「常に次のショー、次のコレクションに、気が行っていているからでしょうね。いまは新しい機会を掴もうと、わたしはひたすら前を見据えている。新しいカテゴリーを自分のブランドに加えていくつもりよ」

ロンドンを根拠地に、ロクサンダやジョナサン・サンダース(Jonathan Saunders)などのブランドに投資しているインドの戦略投資家エイーシャ・バーティ・パスリカ(Eiesha Bharti Pasricha)は、デザイナーにとってのブランド立ち上げからの10年につき、別の角度から分析する。

「新しいファッションブランドが、売上1000万ポンド(約18.5億円)を超えるのに、10年はかかるのが普通。これは他の産業で誕生する新しい企業に比べると、かなり時間がかかるということ」と、彼女は指摘する。

「ファッション業界というのは、それだけきびしい、同業者がせめぎ合う、成功が移ろいやすい産業なのよ。日々新しいブランドが生まれ、飽和状態でもある業界ですもの」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.09(Mon)

東京で穴場のモンブランが知りたい!秋スイーツを満喫しよう
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial

2021.05.08(Sat)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
GLAM Editorial