GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.24(Sat)

『マッドマックス』トム・ハーディの妻が出産!

シャーロット・ライリー&トム・ハーディ

 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などで知られる英俳優のトム・ハーディ(Tom Hardy, 38)の妻で女優のシャーロット・ライリー(Charlotte Riley)が、夫妻にとっての第1子を出産したことが分かった。

 夫妻は先月に妊娠を公表。トムの最新作『Legend(原題)』のプレミア会場に登場した際、体にフィットした黒のドレスを着ていたシャーロットのお腹が大きくふくらんでいたことで妊娠が明らかになっていた。

 英The Daily Mail紙オンライン版によると、シャーロットはすでに出産しているが、赤ちゃんの性別は分かっていない。

 トムとシャーロットは2009年、英TV映画「嵐が丘」で共演したことがきっかけで知り合い、翌年に婚約。2014年に控えめな結婚式を挙げたが、どちらもメディアには結婚の事実を語ることを拒んでいた。しかしシャーロットは今年、夫について口を開き、映画ではタフガイを演じることの多いトムが実は家庭的なタイプだと熱く語っている。

 「家事がとても上手なの」とシャーロットはスコットランドのHerald Scotland紙とのインタビューで語っている。「お互いにそれぞれ役割がある。私はリサイクルが大好きで、夫はベッドメイクが得意なの。とても良い組み合わせだわ」

 トムには元恋人レイチェル・スピード(Rachael Speed)との間に生まれたルイ(Louis, 7)君がいる。以前、中毒に苦しんだ生活から救われたのは子どもがいたおかげだと語っていたことがある。俳優として絶頂期を迎えているかもしれないが、トムはある時期、アルコールとクラック・コカイン中毒で苦しみ、人生が今とは全く違った展開になる可能性もあった。

 「業界でどうやって振る舞えばいいのか全然分かっていなかった。プロデューサーやエグゼクティブ・プロデューサー、スタジオとどう関係を持てばいいのか分からなかったんだ。当時は24歳で、実力ではかなわない相手と闘っていた」とトムは以前、英Metro紙で打ち明けている。「そうするうちに子どもが生まれ、離婚し、リハビリ治療を受け、住宅ローンを抱え、いろんなキャラクターを演じ、舞台に出演し、そして待ち続けたが、変化は起きなかった」

 またトムは英版Hello!誌とのインタビューでもこの話題に触れ、父親であることの意味について心境を語っている。

 「父親になったことで、どんな人生を生きるのかをもっと注意深く考える目的ができた」とトム。「たくさんの過ちをしてきたし、心配してくれた両親にはとても迷惑をかけた」

 「父親であることをとても誇りに思うし、世界に向けて旅立つ息子のそばにいて、手を貸すつもりだよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.08(Fri)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial