GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.04.18(Sat)

ジョエル・キナマン、新作映画の撮影現場で監督と「怒鳴り合い」になったエピソードを披露!r

ジョエル・キナマン

 俳優のジョエル・キナマン(Joel Kinnaman, 35)が、最新作『チャイルド44 森に消えた子供たち』の撮影時に、監督と「怒鳴り合い」の口論になったエピソードを明かした。

 ジョエルはダニエル・エスピノーサ(Daniel Espinosa)監督、トム・ロブ・スミス(Tom Rob Smith)原作の同作に出演している。ジョエルは2012年公開の『デンジャラス・ラン』でもダニエルと一緒に仕事をし、友人でもある。しかしだからといって、ことあるごとに意見が対立するのは避けられないようだ。

 「撮影の初日で、20人のエキストラとスタッフが部屋にいた。ダニエルがスウェーデン語で僕を怒らせることを言った。それから激しい口論になって、怒鳴り合いになったんだ。彼が部屋を出て行って、僕もそうした」とジョエルは米backstage誌で明かした。「それからお互いに部屋に戻り、『さあ始めよう』となった。お互いによく知っている仲なんだ。口論したからといって不仲になることはないし、一緒に仕事をするときでもほとんど話さないことはある」

 ジョエルは『チャイルド44』で同じくスウェーデン出身の女優ノオミ・ラパス(Noomi Rapace)と共演できることにテンションが上がったという。彼女はトム・ハーディ(Tom Hardy)扮するキャラクターの妻を演じている。

 同作はトム演じるロシア国家保安省の捜査官レオ・デミドフが、子どもを狙った連続殺人事件を捜査する姿を描く。ジョエル扮するワシーリーは人好きのするキャラクターとは言えないが、「反社会的人物」を演じるチャンスに飛びついたという。撮影は「とても強烈で感情的な夏のキャンプ」だったと話している。

 ジョエルはキャリアを通じて大物スターとの共演に恵まれており、来月日本でも公開される『ラン・オールナイト』にはリーアム・ニーソン(Liam Neeson)演じるキャラクターの息子役として出演している。

 「『シンドラーのリスト』での彼の演技は忘れられないよ。それに『ラン・オールナイト』は美しく、感情にあふれた脚本だった」とジョエルはつけ加えた。「リアムは必要なしに状況を複雑にしないんだ。くだらないおしゃべりはしない。セットに入り、仕事をする。ストーリーの中の会話を自分の中に引き止めておけば、考えすぎることもない。それはとても強力な演技に使えるんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.11(Thu)

ビューティークリエイター・吉川康雄氏の待望の新ブランド、「UNMIX(アンミックス)」がこの春デビュー!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial