GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.03.31(Tue)

アンジェリーナ・ジョリー、『マレフィセント』でキッズ・チョイス・アワードを受賞!

ザハラ、アンジェリーナ・ジョリー、、シャイロ

 女優のアンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie, 39)が28日、キッズ・チョイス・アワードで「好きな悪役」賞を獲得し、娘のザハラ(Zahara)ちゃん、シャイロ(Shiloh)ちゃんと一緒に受賞を喜んだ。

 米TVチャンネル「ニコロデオン」が主催する同賞はロサンゼルスのザ・フォーラムで授賞式が行われた。

 アンジーは先日、がんの予防のため卵巣の摘出手術を受けたことを発表したが、会場では健康で嬉しそうな表情を見せ、受賞が発表されたときは夫ブラッド・ピット(Brad Pitt)と共に育てている6人の子どものうち2人の娘を抱き寄せた。アンジーは乳がんの要因となる「BRCA1」という遺伝子の変異があり、乳がんになる確率が87パーセント、卵巣がんになる確率が50パーセントであることが判明したため、2013年に両乳房の切除手術を受けた。しかし血液検査で炎症の兆候があることが判明し、がんの初期段階である可能性が浮上したため、2度目となる今回の手術に踏み切った。

 アンジーは壇上で感動的な授賞スピーチを披露した。

 「子どものとき、マレフィセントのように、他人とは違うと言われていました」と彼女は観客に語りかけた。「でも、何かに気づいたのです。違うことは良いことだと。だから周囲に溶け込めないと思っている人には、自分らしくいてほしい」

 「誰かに違うと言われたら、笑顔で堂々として、誇りに思ってほしい」

 「そしてみんなの悪役として、こう言いたいのです」とアンジーは続けた。「『ちょっとくらいならトラブルを起こしなさい』と。きっと良いことがありますよ!」

 アンジーは『ANNIE/アニー』のキャメロン・ディアス(Cameron Diaz)、『ハンガー・ゲーム』シリーズのドナルド・サザーランド(Donald Sutherland)、『アメイジング・スパイダーマン2』のジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のリー・ペイス(Lee Pace)、『イントゥ・ザ・ウッズ』のメリル・ストリープ(Meryl Streep)ら強敵をおさえて受賞した。

 他にもロス・リンチ(Ross Lynch)が好きなテレビ男優賞、ローラ・マラーノ(Laura Marano)が好きなテレビ女優賞を獲得。ベン・スティラー(Ben Stiller)は好きな映画男優賞、エマ・ストーン(Emma Stone)は好きな映画女優賞をそれぞれ贈られた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat
nanat

2019.12.13(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP10(第6位~第10位)発表!
高山 都
高山 都

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial
GLAM Editorial