GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.11.01(Sat)

アレキサンダー・ワン、ファッションセンスは学んで身に付けるもの!

アレキサンダー・ワン

人気ファストファッションブランド「H&M」とコラボしたアイテムが来月発売される米ファッションデザイナーのアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)。仏ファッションブランド「バレンシアガ(Balenciaga)」のクリエイティブディレクターも務める人気デザイナーである彼だが、手掛けたアイテムを低価格で提供できるのは自分の才能に決して自惚れていない証拠だろう。

そんな彼は「ファッションセンスは生まれ持ったもの」という考えを認めていないという。

「生まれつきファッションセンスに恵まれている人もいるけれど、育った環境や付き合う人たちに影響を受ける人も多い」と、アレキサンダーは英Stylist誌で語った。「若い頃にゴス系やプレップファッションにハマった時期を経て、センスを磨いた人を僕はたくさん知っているよ。音楽の影響も大きい。音楽は僕のファッションの原点だったんだ。」

90年代に青春時代を過ごしたアレキサンダーは、米R&Bシンガーのローリン・ヒル(Lauryn Hill)の大ファンであり、彼女独自のファッションも好んでいた。なかでも1999年のグラミー賞授賞式で着用していた黒のTシャツとふんわり広がった夜会服風のスカートを絶賛している。

バレンシアガの元デザイナー、ニコラ・ゲスキエール(Nicolas Ghesquière)の後任として、2012年11月に同ブランドのクリエイティブディレクターに就任したアレキサンダー。今年6月に自身初となるフレグランス「B バレンシアガ」を手掛けることが発表され、ついに今月店頭に並んだ。

「前からずっと香水はやってみたいと思っていた。バレンシアガと契約して即やりたい最初のプロジェクトの1つにしていたんだ。香水製作はとても面白いものだったよ。最初はイメージから始まって最後にはすごく専門的な話になる。でもそのプロセスがあって、非常に個性的な香りを創り上げることが出来たよ」と、アレキサンダーは笑顔で語った。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.26(Thu)

【2021年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial
GLAM Editorial