GLAM Editorial
GLAM Editorial

2012.06.05(Tue)

モダニズムを備えた品格あるダイヤモンド。その美しさの余韻を楽しみたいジュエリーたち Harry Winston ハリー・ウィンストン 「Belle by Harry Winston」

jw_201206

 ニューヨークの宝石商の息子として誕生したのち、鑑別に天才的な能力を発揮したと言われる、ハリー・ウィンストン。1920年代の初頭から名士、淑女に信頼される宝石商へ。その後、栄誉と名声を手に入れるきっかけとなったのが、当時の富豪として大変有名であったアメリカの鉄道会社の未亡人、故アラベラ・ハンティントン夫人の所有していた「アラベラ・ベル」コレクションの獲得。これにより、現代においても、決して妥協は許さない最高品質のダイヤモンドを求めるブランドとして名を馳せ、確固たる地位を築いたのだ。そんな伝統に敬意を込めたコレクションが「ベル・バイ・ハリー・ウィンストン」。中央に輝くラウンドカットのダイヤモンドをマイクロパヴェダイヤモンドが囲み、輝きを最大限に生かせるように最小限のプラチナをセッティング。その妙技は、卓越した職人の手作業によって表現され、ベル夫人が愛した当時のコレクションを彷彿とさせるような仕上がり。花嫁となる女性を煌めきのダイヤモンドとともに祝福するブライダルコレクション。ただ、ブライダルだけにしておくのはもったいないくらいのコンテンポラリーかつ、デザイン性の優雅さは、愛される証のジュエリーとして日常使いにしたくなる逸品だ。


メインカット/手前中央から:PT×0.52カラットのダイヤモンドのペンダント 1,340,000円、PT×0.58カラットのダイヤモンドのエンゲージメント・リング 1,800,000円、PT×ダイヤモンドのバンドリング 780,000円(すべて税込み)※PTはプラチナを表します。

新定番3つのポイント
1.高度な技術の賜物である輝き
2.一切の妥協を許さない世界が認める最高品質
3.コンテンポラリーさも熟知したデザインとの融合

harrywinston1

1:耳元に決して華美過ぎない魅惑の輝きを約束してくれる。センター部分は0.5カラットから。

harrywinston2

2:1粒ダイヤモンドを取り巻くデザインの確かな技術が、0.5カラットとは思えない存在感を発揮させる。

harrywinston3

3:中央のダイヤモンドを支えるサイドやバンド部分までパヴェのセッティングが丁寧に敷き詰められて。

■お問い合わせ
ハリー・ウィンストン カスタマーインフォメーションデスク 0120-346-376
Photo/Osami Watanabe (FOREST)、Composition&Text/ai utsuno

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.08(Thu)

東京のお土産ならスイートポテトがおすすめ!話題の商品はどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial