GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.08.08(Fri)

「シャンドン サマー VIP ラウンジ」が期間限定オープン中!由比ケ浜で「シャンドン」サマー・パーティ開催!

1

ゲストはマリンカラーを纏って来場。ベストドレッサーコンテストも開催!

オーストラリアのプレミアム・スパークリングワイン ブランド 「シャンドン」が、2014年の夏を最高に演出する、大人のマリンスポーツ「セーリング」をイメージし、今年らしいモードな青と白のボーダーに身を包んだ「シャンドン ブリュット」の夏限定サマーボトルを展開中。「シャンドン」は、モエ・エ・シャンドン社がフランス以外に設立した4つ目のドメーヌ シャンドン。今年、神奈川県 鎌倉市の由比ガ浜海岸では、ビーチレストラン 「Quick Silver × CITABRIA」内に、「CHANDON SUMMER VIP LOUNGE(シャンドン サマー VIP ラウンジ)」を2014年8月31日(日)までの期間限定オープン。こちらのオープンに伴い、先日サマーパーティが開催され、GLAMエディターや、GLAMファッショニスタのhironaさん・Rie Togariさんが参加しました。ドレスコードは、レッド・ホワイト・ブルー。そんなサムシング・マリンを意識した招待客たちの中からベストドレッサーを選ぶコンテストも開催されました。「シャンドン」ブランドディレクターのケイティさん「Quick Silver × CITABRIA」を手掛ける石田弘子さんも、ブルーのロングドレスを纏って登場。会場を華やかに彩りました。


2

3

4



5

シャンドン サマー VIP ラウンジは8月31日までの期間限定

パーティーでは、「Quick Silver × CITABRIA」のピンチョススタイルのお料理や、バーベキュー、パエージャなどスパニッシュフレンチスタイルの本格グルメ、トロピカルフルーツのかき氷がふるまわれ、来場者たちは爽やかな味わいの「シャンドン」片手にに舌鼓。また、ユニークな4人向けの円形卓球台や、得点をクリアすると 「シャンドン」のカラフルなフリュートグラスがもらえる輪投げがプレイできたりと、招待客たちを終始飽きさせません。イベント終盤にステージに登壇した石田弘子さんは、「今回、『シャンドン』とこのようなイベントができて嬉しいです。全ては太陽や海があるから、こうしてお酒や食事を楽しむことができているんですよね。そのことに感謝したいと思います。」とコメント。ビーチレストランで波音を聞きながら「シャンドン」を楽しむ、大人ならではの夏を楽しんでみては?


「CHANDON SUMMER VIP LOUNGE」
期間:7月1日〜8月31日
営業時間:8:00~22:00(LO.21:00)
住所:Jestar on the Beach by Quick Silver×CITABRIA
神奈川県鎌倉市由比ヶ浜4
電話:0467-38-8990

6

7

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.07.11(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.94 洗練された大人カフェ♡「東京カンパネラ」のコンセプトカフェで魔法のティ...
CHOCO
CHOCO

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial