GLAM Editorial

2014.12.24(Wed)

「肌の差が、女の差」−SUQQUの新作ベースアイテムで、光を纏った美肌になる!

suqqu_base

左:スック ライティング リキッド 右:フェイス ブライト パウダー


「肌の差が、女の差」

ドキッとするコピーにおののいた女性も多いのでは?!でも確かに、目を大きく見せることに命を懸けていたと言っても過言ではなかった10代〜20代を経て、いつのまにやら「肌の美しさ」が美人の第一条件に。

私の肌は幸い凸凹はあまり無いほうなのですが、日頃の不摂生に加え、ちょっとでもケアの手を抜くと、くすみ・毛穴・クマ…やはり相応の肌に。。だけど、ベースアイテムは軽めの質感が信条。「塗ったくった感」が出てしまうくらいなら、素肌でいたいくらい!

私が考える美肌の条件は、発光しているような肌。美肌には、内から湧き出るような光が必要。
でも、素肌でその質感を出すのは、やっぱりなかなか難しいんです。。。
ゆえに、今まで使っていたアイテムも、「パール感」のあるものを選んでいたように思います。

だけど、「パール感」を名乗っておきながら、細かい粒子=ラメっぽい質感のものも多かったりするんですよね。
だから、SUQQUの春夏新作の中でも、「光」を味方につけたこの2アイテムは私としては完璧!

「光を仕込む、ハリ肌へ。」
スック ライティング リキッド

「光で飛ばす、ツヤ肌へ。」
スック フェイス ブライト パウダー

スック ライティング リキッドはベースメイクの第一ステップに。
スック フェイス ブライト パウダーは、鼻筋、目元のCゾーン、唇の下などに。ハイライトで白をがっつりのせるより、光の方が断然自然で上品だと思いませんか?
目の下のクマや小鼻、頬の毛穴などは同じく春夏の新作のスック ポア カバーリング パウダーをふんわりのせて、メリハリのある顔立ちを目指します。

品良く美しい光を纏ったなめらかなお肌で、「女の差」、つけたいものです。
ともに2015年3月6日発売予定だそうなので、是非店頭で試してみてくださいね。

OTHER ARTICLES

2021.06.11(Fri)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial

2020.07.01(Wed)

【2020年トレンド】背中開きキャミソールがポイント!ヘルシーな肌見せアイテム
nanat