GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.12.04(Thu)

美容賢者が教える、未来の美肌レッスン 2014・冬 <美容ジャーナリスト・中嶋マコトさん編>

GLAM_makoto

いよいよ、1年で一番乾燥がきびしい季節・冬が到来!乾燥によって、お肌のトラブルが頻発している人も多いのでは?潤いに満ちて、ハリのある肌を目指しているあなたへ、美容賢者たちが、Glamで特別にスキンケアスペシャルメソッドを伝授。美容ジャーナリスト&モデルの中嶋マコトさんの記事を是非チェックして。

肌ダメージの「あれ?」には早めの対策を!この季節なら、コスメアワードを参考にするのが吉。

 私たちは10月ぐらいから一年で一番忙しいかも?という時期になります。というのも、各誌のコスメアワードのノミネート、そしてその製品についてのコメントを寄稿する作業が、通常の連載などに加わるから。読者からみると、誌面の関係上、少ない文字でのコメントなので、楽なようにみえるかもしれないのですが、これがこれが、なかなか・・・その年の「一番」を決めなくてはいけないので、選ぶ方も悩むのですよ・・・。記事全文を読む

スキンケアコスメ、ライン使いの真実とは?クリスマスコフレで、あなたの真実を見つけて。

 良く聞かれる質問。「スキンケア製品はラインで使いが効果的?」・・・回答は「たしかにそうとも言える」。「とも」なんてはいって、歯切れ悪いけど、これが真実。製品を作るとき、美容液であればその前の化粧水、その後のクリームなどと重ねたとき、相乗効果でより肌改善効果が高まるように研究されつくした完成形がライン使い。 記事全文を読む

冬は乾燥などでお肌が変化しやすい季節。メイクでカバーできない変化に気付いてる?私のきっかけは、地下鉄の窓。

自分じゃないよね?と疑って、思わず二度見した、10年位前の地下鉄の窓に映った自分の顔。目と頬が落ち込んで、とくに目の下にはゴルゴライン。実年齢より+5歳・・いや+10歳くらい?な私が立っていました。窓が黒いから、顔が映るでしょ。で、それって、ぼんやり、色味はグレーにだから、顔色や小じわ、細かいシミなどは映しきらないのだけど、顔の輪郭と凹凸による影。目の下のくぼみ、クマやゴルゴ線、などが見えるのです。記事全文を読む

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.02(Wed)

オーガニックハンドクリームおすすめ6選!美しい手をキープしよう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial