増本 紀子

2014.11.13(Thu)

改めて考えたい、乳液の果たす重要な役割とは?

増本_乳液

 みなさんは、スキンケアをラインで揃えて使っていますか? それとも、気になるアイテムの組み合わせで使っていますか?

 もちろんどちらかが間違っているということはありませんが、私が考えるこの時期のおすすめは「ライン使い」です。

 その理由は、何と言っても「相乗効果」にあります。ラインは、大きな一つの目的を叶えるために作られています。例えば美白なら、シミのない透明感あふれる肌へ。そしてエイジングケアなら、内側からハリ・弾力が満ちるなめらかな肌へ。スキンケアのラインは、その目的を叶えるため、化粧水、美容液、乳液まで重ねて使った時に最も高い効果が出るように設計されています。乾燥などの外的ダメージにより、肌力が低下しがちなこの時期だからこそ、毎日、朝晩のライン使いで肌機能を“底上げ”しておけば、肌トラブルも近寄ってこないはず。

 そしてラインの中でもこの時期特に重要な役割を果たすのが「乳液」です。よく耳にする言葉だとは思いますが、化粧水、美容液など、それまで肌に入れ込んだ十分な潤いと栄養成分が逃げないように、「スキンケアの最後に油分で蓋をする」のが、乳液です。もちろんクリームも同じ役目を果たしますが、「ベタつきが気になる」「ムラになってついてしまう」など、難しいと感じる人も多いようです。それは、クリームのほうが乳液よりも油分を多く含んでいるから。心地よく蓋をしてくれるのは、やはり乳液。初心者でも使いやすいテクスチャーも魅力の一つです。

  「油分ならオイルでいいんでしょう?」という人がたまにいますが、それは勘違い。オイルは肌に浸透してしまうので、残念ながら蓋の役割はありません。

 乳液を手のひらの温度で温めてから肌になじませると、後肌がふっくらし、ピンッとしたハリも実感できるはず。この冬、トラブル知らずの肌になるために、ライン使いとともに、乳液を使ってみませんか?

OTHER ARTICLES

Other Articles

おすすめ記事

RECOMMEND

Recommend