GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.04.07(Fri)

グウェン・ステファニー、自身のアイウェアラインから子供向けコレクションをリリース!

人気スカパンクバンド「ノー・ダウト」(The No Doubt)のボーカリストとして知られる米歌姫のグウェン・ステファニー(Gwen Stefani、47)は、その抜群のファッションセンスを生かしてデザイナーとしても活躍。自身のファッション・ブランド「L.A.M.B.」を展開するとともに、アイウェアのラインとして「GX by Gwen Stefani」のブランド名で既に3つのコレクションを発表している。そのステファニーが、今度は「GX by Gwen Stefaniジュニア」として子供向けのアイウェアをこの4月3日にリリースした。

「子供用の眼鏡の多くは、まさに子供用でしかないものばかり。自分でも掛けてみたいと思うような眼鏡をデザインしたいと思ったの」と、People誌が入手したビデオの中でステファニーは語っている。ステファニーがそう思い立ったのは、自分の次男ズーマ(Zuma)君用に眼鏡を探していて、満足のいくものが全然なかった経験が大きいともいう。

「わたしの息子は眼鏡を掛けるから、個性があって他にはないようなものをいつもわたしたちは探しているのよ。ところが、息子と眼鏡を買いに行っても、子供用の眼鏡はどれもが似たような退屈なデザインのものばかり。眼鏡を掛けるのは、楽しい経験でないといけないわ。たとえ子供やティーンであっても、それは同じ」

グウェンのこの新コレクションのひとつの特徴は、眼鏡フレームの側面に交換可能な「絵文字」が付けられるところ。

「マグネットが付いているから、毎日違う絵文字を眼鏡フレームに着けることが出来るの。それぞれの個性が出せて楽しいわよ!」と、ステファニーは嬉しそうに笑った。

「GX ジュニアについては、明るい色、様々なパターン、面白いアクセント、そして大人用の眼鏡に見られるスタイリッシュな形状を子供用にアレンジしたものなどを、ふんだんに取り入れてデザインした。眼鏡がどうしても必要な子供たちに、自分を表現するクールな手段を与えて、自分に自信を持ってもらいたいという気持ちがあったの」

オンラインでの販売が始まったこのコレクションの価格は、150米ドル(約1万6500円)から。

「このコレクションが実現して、すごく喜んでいる。とても誇りに思っているわ。自分が情熱を込めたものを、みなさんに提供できて素晴らしい!」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.07(Sun)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
nanat
nanat

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.11(Thu)

ビューティークリエイター・吉川康雄氏の待望の新ブランド、「UNMIX(アンミックス)」がこの春デビュー!
GLAM Editorial
GLAM Editorial