GLAM Editorial
GLAM Editorial

2017.01.24(Tue)

キム・カーダシアン、自身の絵文字“KIMOJI”のグッズ販売拡大を計画中!?

“お騒がせセレブ”として名高い米リアイティ番組スターのキム・カーダシアン(Kim Kardashian、36)は、2015年暮れに自分自身をイメージに考案した絵文字“KIMOJI”を発表、これを使うアプリが販売開始日にアップルストアでの販売が何故かクラッシュして、キムが“KIMOJI”の人気ぶりを豪語する騒ぎになった。

この“KIMOJI”をモチーフに使った衣服、化粧バッグ、ステッカー、ジュエリー、アクセサリー類をキムは現在オンライン限定で販売しているが、エンタメ情報サイトTMZが伝えるところでは、キムはこれらのグッズを店頭販売にまで拡大したいといま目論んでいるとのことだ。

同サイトがキムの関係筋から入手した情報では、この計画はまだ企画の早い段階にあるもののが、小売店向けに販売を打診する書類などがすでに準備され出しているという。キムの夫である人気ラッパーのカニエ・ウェスト(Kanye West)が、昨年世界各地に期間限定のポップアップ・ストアを展開することで、彼の新アルバム“The Life of Pablo”の関連グッズの人気を盛り上げて大いに販売に成功した事例にならいたいとキムが考えているとDMZは推測している。

昨年8月、ロンドン、ロサンゼルス、ラスベガス、ケープタウンなど21都市にカニエが設けた“The Life of Pablo”関連グッズのポップアップ・ストアの開店イベントには多くのファンが殺到し、アーチストのカリ・ソーンヒル・デウィット(Cali Thornhill DeWitt)が描いた“The Life of Pablo”のカバーアートをモチーフにカニエがデザインしたTシャツ、デニムジャケット、パーカー類がたしかに飛ぶように売れている。キム自身、そもそもセレブとしての地位を確立したのは、元カレの歌手レイJ(Ray J)とのセックスビデオが“リーク”されたことによるところが大きいなど、そのしたたかな宣伝上手さには定評さがある。今回はいったい何を仕掛けてくるか、また注目されるところだ。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.03.09(Tue)

この春のお仕事ドリンク…美味しそうな新作紅茶が気になる♡
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.01(Fri)

「初心者向け」2021年版おすすめのオンライン英会話4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat