GLAM Editorial

2015.12.22(Tue)

デビッド・ベッカム、『スター・ウォーズ』のジョン・ボイエガとライトセイバーで対決!

デビッド・ベッカム

 元サッカー・イングランド代表キャプテンのデビッド・ベッカム(David Beckham)が、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のジョン・ボイエガ(John Boyega)とライトセイバーで対決し、ジェダイの騎士さながらの力量を発揮した。

 デビッドとジョンは先日、グラハム・ノートン(Graham Norton)が司会の英トーク番組に出演。ジョンはデビッドに1対1の対決を申し出た。

 デビッドが挑戦を受けると、2人は『フォースの覚醒』にも出演しているキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)、デイジー・リドリー(Daisy Ridley)らゲストの前で向き合い、ライトセイバーを持って切り結んでみせた。

 同作は18日に日本でも公開されているが、それ以前には秘密のベールに包まれており、J.J.エイブラムス(J.J. Abrams)監督はキャストやスタッフに一切のネタバレを禁じていた。ジョンによると、製作側は巧みな言葉のポスターで役者たちに詳細を明かさないよう常に注意していたという。また、秘密を守ってほしいという要請は、『フォースの覚醒』の試写をすでに観たファンにも適用されていたようだ。

 「ずいぶん長い間、一切の口外を禁じられていて、本当に大変だったんだ。今では何か質問されても、何と答えたらいいのか分からないよ」とジョンは守秘契約についてグラハムの質問に答えている。「撮影時には『宇宙船を沈めるのは軽い口だ』と書かれたポスターが貼られていたんだ」

 レイア姫役でシリーズに帰ってきたキャリーは先週の放送で、映画のストーリーを絶対に明かさないようにと役者に迫ったポスターの1枚を持ち帰ったと明かした。

 キャリーは『フォースの覚醒』のプロモーション中に荒っぽい側面も見せている。先週のロサンゼルスプレミアではレッドカーペットで悪態をつき、娘のビリー・ロード(Billie Lourd)がカメラの前で凍りつくというハプニングがあった。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.06.08(Tue)

アートメイクをするならアートメイクギャラリーを選ぶべき5つの理由
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial

2021.06.03(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial