GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.11.21(Sat)

女性化したケイトリン・ジェンナー、ボディガードの1人と親密に?

ケイトリン・ジェンナー

 性転換プロセスを終えて女性化したケイトリン・ジェンナー(Caitlyn Jenner, 66)が、スタッフの1人に想いを寄せる自分の心の高ぶりを楽しんでいるらしい。

 リアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」で知られ、以前はブルース(Bruce)と名乗っていたケイトリンは今年、性転換プロセスを終えて晴れて女性となった。6月には女性としての姿で米Vanity Fair誌の表紙を飾り、見事なブルネットの髪とスタイルで称賛を浴びた。どうやらそのルックスでボディガードの1人の視線を引きつけたようだ。

 ケイトリンは女性化して以来、男性に興味を感じるかどうかについて明言していないが、情報筋によると、元五輪金メダリストの彼女は今後の展開に期待しているようだ。

 「彼は根っからの紳士で、2人は会うたびに礼儀正しくハグを交わしている」とある事情通は米版OK!誌でケイトリンとボディガードの1人の関係について語っている。「でもケイトリンは、どうやら仕事以上のことを考えているみたいなんだ!」

 「こうした感情を感じるのは新しい経験で、彼女はテンションが上がっているよ」

 ケイトリンは以前、ブルースとして女性と交際していたが、自身のリアリティ番組「I Am Cait」のあるエピソードでは男性との恋愛に興味があると明かしている。これまで3度の結婚を経験し、一番最近では3月にクリス・ジェンナー(Kris Jenner)と離婚。今週には米グレースランド大学で行われた講演で、6人の実子と4人の継子を持てたのは本当に幸せだと語っている。

 「子どもたちは一生けん命働いています。毎日仕事をしています」とケイトリンは観衆に語りかけた。

 特に話題にしたのはクリスとの間に生まれ、モデルとして活躍しているケンダル(Kendall, 20)のことで、強く誇りに思うと語った。

 「『有名になるために有名であり続けようとしている』と批判する人もいます」とケイトリンは説明した。「それは違います。一生けん命仕事をしているからこそ有名なのです。娘のケンダルは毎日仕事をしています」

 「オーストラリアに3日間滞在し、1日だけ家に戻り、またヨーロッパへと出発しました。世界中を移動しています。休みをとることもありません」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.09.01(Tue)

この秋、おしゃれな足元はローファーで決まり!おすすめ商品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial