GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.27(Tue)

セレーナ・ゴメスらを手がけたメイクアップアーティスト、ジェイク・ベイリーさんが自殺

セレーナ・ゴメス

 セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)やケイティ・ペリー(Katy Perry)らを手がけた有名メイクアップアーティスト、ジェイク・ベイリー(Jake Bailey, 37)さんが亡くなった。自殺とみられている。

 ベイリーさんは23日、ロサンゼルスの自宅でアシスタントによって発見された。救急車が呼ばれたが、ベイリーさんが息を吹き返すことはなかった。

 芸能情報サイトTMZによると、当局は死因を一酸化炭素中毒だとみているという。それ以上の詳細は明かされていないが、ロサンゼルス郡検視局が検視を行うとみられている。

 フォトグラファーとしても活動していたベイリーさんは、セレーナやケイティとの仕事で知られ、ケイティが2月、米NFL優勝決定戦「スーパーボウル」のハーフタイムショーでステージに立った時も担当していた。他にもマライア・キャリー(Mariah Carey)やケイティ・ホームズ(Katie Holmes)、キーラ・セジウィック(Kyra Sedgwick)、ジェナ・ディーワン・テイタム(Jenna Dewan Tatum)、ニーナ・ドブレフ(Nina Dobrev)、パリス・ヒルトン(Paris Hilton)、リー・ミッシェル(Lea Michele)といったトップスターを手がけてきた。

 Starworks Artistsでベイリーさんの広報を務める担当者は彼が遺体で発見された後の23日、エンターテイメント情報サイト「ET Online」に声明を寄せた。

 「深い悲しみと共に、ジェイクが亡くなったことをお伝えします」と声明には書かれている。「彼は否定しようのない才能の持ち主で、すばらしい友、愛情にあふれた息子、そしてきょうだいでした。彼と関わりのあった人すべてとこの悲しみを共有します」

 「業界で最も人気のメイクアップアーティストの1人として、ジェイクは最高の顧客と一緒に仕事をすることができましたし、彼の仕事はVogue、Harper’s Bazaar、Vanity Fair、Allureといったメディアでフィーチャーされてきました」

 まず追悼の気持ちを表明したのは、米TVシリーズ「シェイムレス 俺たちに恥はない」で知られるエミー・ロッサム(Emmy Rossum)で、Twitterで次のように語っている。

 「友人のジェイクが亡くなったと聞いて、ひどいショックを受けています」とエミーはツイートした。「日曜日に同じ飛行機に乗っていました。いつも笑わせてくれる人でした」

 「もし天国に天使がいるのなら、またちょっとかわいらしくなったことでしょう」とエミーは続けた。「なぜならジェイクは天国で、天使の顔にペイントしたり、まつげをつけたりしているからです」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

すぐにでも生活に取り入れられる!サステナブルな暮らしアイテム15選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.04(Mon)

女性向け自宅で使えるトレーニング器具5選「簡単エクササイズ付き」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat
nanat

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.12(Tue)

ミニ財布【人気レディースブランド5選】使いやすくておしゃれ!
Saki
Saki