GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.10.22(Thu)

悪役ロキで知られるトム・ヒドルストン、ラブコメ作品への出演を熱望!

トム・ヒドルストン

 英俳優のトム・ヒドルストン(Tom Hiddleston, 34)が、ラブコメ映画への出演を狙っているらしい。

 トムは暗くてシリアスな作品に出演が多いことで知られるが、マーベル映画『マイティ・ソー』シリーズで演じているロキや、最新ホラー映画『クリムゾン・ピーク』のトーマス・シャープといったキャラクター以外でも演技力を発揮できると意気込んでいる。

 米版GQ誌とのインタビューで、誠実なキャラクターを演じたいと思ったことがあるかと問われたトムは、「もちろんイエスだよ」と答えた。「笑わせたくて言っているんじゃないんだ。ラブコメができるかどうか自分でも見てみたい。困難だけどやってみる価値はあると思うし、とても楽しいと思う。でも僕が惹かれるのは人の誠実さと自分の仕事だよ」

 『クリムゾン・ピーク』は人気映画監督ギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)の最新作だ。オスカーにノミネートされた実力派の監督が自ら脚本を書き、トムの他にもミア・ワシコウスカ(Mia Wasikowska)、ジェシカ・チャステイン(Jessica Chastain)、チャーリー・ハナム(Charlie Hunnam)らが出演している。

 「監督は目に見えるものと夢の世界をブレンドして、1枚の織物にして見せることができるんだ」とトムはデル・トロ監督について語っている。「とても刺激を受けるよ。現実を少し超えた意識を作り出すのは確かだけど、撮影が終わる頃には『クリムゾン・ピーク』の世界を去る準備はできていた。トーマス・シャープはいろんな意味でとてもダークなキャラクターなんだ」

 そんなトムの次回作は『マイティ・ソー』シリーズ第3作『Ragnarok(原題)』で、2017年に公開される。さらにオリヴィア・コールマン(Olivia Colman)、デヴィッド・ヘアウッド(David Harewood)と共演するミニシリーズ「The Night Manager」でTV界にも進出する。

 これまでのキャリアの歩みを振り返り、トムは成功の理由の1つに幸運を挙げている。

 「特定のタイミングでとてもラッキーだったと思う」とトムは笑顔を見せた。「5年くらい前、いくつかの作品に立て続けに出たけど、そのどれもが違っていた。『マイティ・ソー』ではケネス・ブラナー(Kenneth Branagh)と仕事をしたし、『ミッドナイト・イン・パリ』や『戦火の馬』、『愛情は深い海の如く』、それに『アベンジャーズ』にも出た。そのすべてを18ヶ月の間にやったんだ。『全部に出演できるなんて、すごくラッキーだ』と思ったのを覚えているよ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.27(Fri)

2019年みやれしぴ人気レシピランキングTOP5発表!
高山 都
高山 都

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial