GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.08.18(Tue)

サンドラ・ブロック、製作陣を説得してジョージ・クルーニーが演じるはずだった役をゲット!

サンドラ・ブロック

 女優のサンドラ・ブロック(Sandra Bullock, 50)は、最新作『Our Brand Is Crisis(原題)』のプロデューサー陣に掛け合い、ジョージ・クルーニー(George Clooney)が演じるはずだった主役を女性に変えるように直談判して出演をゲットした。

 サンドラは同作で政治コンサルタントのジェーン・「カラミティ」・ボディンを演じている。しかし、このキャラクターは当初は男性で、ある役者を念頭に作られていたようだ。

 「最初はジョージ・クルーニーを念頭に脚本が書かれてあったの」とサンドラは米Entertainment Weekly誌で語っている。「約2年半前、自分の気持ちをぶちまけて、『自分が興奮しない脚本はもう読まない。女性に変更してもいい男性キャラクターはない?』と主張したの」

 同作は引退していたジェーンが嫌われ者のボリビア大統領に雇われ、再選の選挙戦を支援するというストーリーだ。

 サンドラはジェーンの役作りに励み、インスピレーションを得るために複数の有名人を参考にしたという。

 「彼女は数人の人のエッセンスを統合した人物なの」とサンドラ。「専門の分野では最高のスペシャリストよ」

 「その世界に踏み込むと、混乱に陥れるわ」ともサンドラは説明した。「彼女は勝つことしか頭にない」

 サンドラはここ数年、幅広いジャンルの映画に出演。宇宙を舞台としたサバイバル映画『ゼロ・グラビティ』やコメディ映画『The Heat(原題)』に加え、アニメ『ミニオンズ』では悪役の声優にも挑戦している。

 しかしジェーン役のチャンスがめぐってくると、サンドラはどうしてもこの役を演じたい気持ちに駆られたという。

 「こういう役はほとんど見かけないの」とサンドラはつけ加えた。「彼女の行動には許せないこともたくさんあるけど、なぜか応援する気分にさせられる」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.29(Fri)

【厳選】おしゃれなレインシューズの人気ブランド|レイングッズで気分を上げる♡
hanazono
hanazono

2019.10.16(Wed)

【駆け出しプレスの立ち話】Vol.19 クチュリエが魅せるハイストリートスタイル! Giambattista Valli...
Bunta & Seira
Bunta & Seira