GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.07.13(Mon)

4児の母になってもスリムなナタリア・ヴォディアノヴァ、体系維持の秘けつは「恋をすること」!

ナタリア・ヴォディアノヴァ

カルバン・クライン(Calvin Klein)やルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)、グッチ(Gucci)など人気ブランドのキャンペーンに数多く起用されてきたナタリア・ヴォディアノヴァ(Natalia Vodianova, 33)が、スリムな体型を維持する秘けつを明かした。ナタリアには11年に離婚した前夫ジャスティン・ポートマン(Justin Portman)との間にもうけたルーカス(Lucas)くん、ネヴァ(Neva)ちゃん、ヴィクター(Viktor)くんという3児と、モエヘネシー・ルイヴィトン・グループの創始者ベルナール・アルノー(Bernard Arnault)を父にもつ現在の夫アントワーヌ・アルノー(Antoine Arnault)との間に誕生した生後14カ月のマキシム(Maxim)くんという4人の子どもがいる。4児の母になっても相変わらずスリムなナタリアだが、食事制限やハードなワークアウトは一切やっていないという。「マキシムを産むまでの3年間、体型を維持するための努力なんて何もせずに済んだから、私はラッキーなんでしょうね。スリムでいられるのは、恋をしているからだと思うわ」と、ナタリアは英In Style誌のインタビューで話している。「マキシムを産んだ後、インナーマッスルを鍛え直すことができるからピラティスをやったほうがいいって勧められたの。今ではピラティスが大好きになって、週に1回か2回やっているの。体のために私がやってきたことのなかで、ピラティスほどいいものはないと思うわ」。

自分でメークをすることが多いナタリアは、シャープな顔立ちを演出するためにチークを活用しているという。「私はチーク使いが得意で、メークする時はチークを欠かさないことにしているの。チークをプラスすると、シャープな顔立ちになれるわよ。でも、写真撮影の時以外は不自然に見えちゃうから、ふだんはチークを控えめにしているわ。目の下にある頬骨の上にチークを入れるだけで十分ね。そうすると、頬骨が高く見えるから。チーク使いのコツは、顔の輪郭をなぞるような使い方はしないこと。鼻に近すぎる位置に入れるのは避けて、丸く小さく入れるといいわよ」と、ナタリアはアドバイスしている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.19(Mon)

「食べるなら朝!」食材、どれだけ知ってる?フード“朝活”のススメ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.08.29(Sat)

女性の憧れミランダカーがプロデュースする化粧品5選!おすすめはどれ?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.27(Wed)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
nanat
nanat

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial