GLAM Editorial

2015.04.24(Fri)

グウィネス・パルトロー、クリス・マーティンとの離婚成立も配偶者扶養は求めず

グウィネス・パルトロー

 離婚成立が報じられた英ロックバンド、コールドプレイ(Coldplay)のクリス・マーティン(Chris Martin, 38)と米オスカー女優のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow, 42)元夫妻は、お互いに配偶者扶養料を求めない意向のようだ。

 昨年3月に「意識的脱夫婦」を宣言して離婚を表明した直後、グウィネスは離婚の条件としてクリスからいくらかのお金を「搾り取る」つもりだと報じられていた。しかし元夫妻の離婚書類を入手したゴシップサイトRadar Onlineは、2人が金銭的な要求を一切していないと報じている。また、元夫妻はそれぞれ弁護士費用を負担するようだ。

 グウィネスはアップル(Apple, 10)ちゃんとモーゼス(Moses, 8)君について共同親権を求めているとみられている。さらに同書類には、元夫妻が昨年4月に別居したものの、その約1年前にすでに夫婦関係にピリオドを打っていたことも明記されている。

 「Radarが入手した離婚書類には、別居した日付が離婚を表明した1年前の2013年5月6日と記載されている」と同サイトは伝えている。

 グウィネスとクリスは別居後も極めて友好的な関係を保ち、先日は子どもたちを連れてメキシコで家族旅行を楽しむ姿も目撃されていた。この旅行中に正式に離婚することを決めたとみられている。

 クリスはしばらく前から『ハンガー・ゲーム』シリーズで知られる米女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 24)と交際していると伝えられており、一方のグウィネスは最近、昨年から熱愛が噂されている米人気TVシリーズ「glee/グリー 踊る♪合唱部!?」の共同クリエイター、ブラッド・ファルチャック(Brad Falchuk)と一緒のところを初めてパパラッチされた。

 クリスとグウィネスが離婚届に署名したことは20日に伝えられた。

 「グウィネスとクリスはビジネスマネージャーを通じ、お互いの資産と親権に関する和解契約を細かいところまで徹底的に詰め合わせていた」と芸能情報サイトTMZが報じている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.05.05(Tue)

【2020年最新版】人気のトレンド水着コレクションをチェック!
GLAM Editorial

2021.06.16(Wed)

ハイセンスでカッコいい!アラサー女性におすすめのSUV(外車)5選
yoko_yamamoto

2021.05.17(Mon)

あなたの胸に合うブランドは?【大きい胸・小さい胸用】おすすめランジェリーTOP3
GLAM Editorial