GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.04.01(Wed)

クリス・マーティン、今度はケイト・ハドソンと急接近?

クリス・マーティン

 英ロックバンド、コールドプレイ(Coldplay)のクリス・マーティン(Chris Martin)は、米女優のケイト・ハドソン(Kate Hudson)が元妻と元恋人の両方を合わせた完ぺきなコンビネーションだと思っているらしい。

 クリスは昨年、米女優のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)との離婚を表明した。その後、『ハンガー・ゲーム』シリーズなどで知られる米女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)との交際をスタート。しかしジェニファーとはすでに一度別れ、その後よりを戻すなど、安定した関係ではないようだ。クリスとグウィネスが今も近い関係にあるため、ジェニファーとの交際の障害の1つになっているとも周囲は指摘している。クリスとグウィネスは2人の子どもたちのために友好的な関係を保っている。

 ところがここへ来て、クリスはケイトとの距離を縮めているらしい。ケイトも2児を育てるシングルマザーだ。

 「子どもたち同士はすでに仲良しになっている。クリスがグウィネスの好きだったところをたくさん持っているのがケイトなんだ。料理が上手で家族をとても大事にしている。でも彼の好きな意味で全然違うタイプでもある。とてものんびり屋で面白いし、基本的にジェンとグウィンを足して2で割ったようなキャラなんだ」とある事情通は英Heat誌で語っている。

 ケイトは昨年、英ロックバンド、ミューズ(Muse)のフロントマン、マット・ベラミー(Matt Bellamy)との婚約を解消し、現在は恋人がいない。

 ケイトとクリスは先日、ビーチで一緒のところを激写された。ケイトは露出度の高いビキニ姿で、そのしなやかなボディを惜しげもなく披露していた。

 「ケイトはクリスがずっと前から大好きだった。何年も友だちだが、彼女はマット・ベラミーと付き合っていた。クリスは10月にケイトのハロウィーンパーティーに顔を出していて、みんな2人の仲の良さを話題にしていた。その後、彼女はクリスマス直前にマットと別れたが、クリスはジェニファーと交際していた。ようやくタイミングがパーフェクトになったんだ」と事情通がつけ加えた。

 しかし、新たな問題が浮上する可能性もある。グウィネスはクリスの幸せを願う一方で、親友の1人と親しくなっていることに少し気を悪くしているようだ。

 「彼がケイトと一緒にいたことは完全にショックだった。グウィンはよりを戻したいわけじゃないが、親友の1人とデートしてほしくないんだ」と事情通が続けた。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.10.17(Sat)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.16(Fri)

スタイリッシュで使いやすい!おしゃれなウェットティッシュケース5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.04.23(Thu)

田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.04(Mon)

美味しく食べるダイエット♡糖質制限中も食べれるローソンのおすすめおやつ7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team