GLAM Editorial

2015.02.10(Tue)

女優マーゴット・ロビー、セクシーなだけの女優にはなりたくない!

マーゴット・ロビー

豪出身の女優マーゴット・ロビー(Margot Robbie, 24)はセックス・シンボルになることを「全く望んでいない」という。

マーゴットはレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)と共演した映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』で際どいシーンを演じ、裸も披露したことで注目を集めた。だが、マーゴットは色っぽい女性を演じる役者だという固定観念を持たれたくないという。

「あの映画に出演した後は、セクシーな女性の典型といった役を引き受けることもできたわ」と映画雑誌Empireに語ったマーゴット。

「でも、セックス・シンボルになりたいなんて全然思わない。女優として違う方向に踏み出して行きたいの」

その言葉どおり、マーゴットはウィル・スミス(Will Smith)と共演したクライム・コメディの映画『Focus(原題)』に出演したり、クリス・パイン(Chris Pine)やキウェテル・イジョフォー(Chiwetel Ejiofor)と共演したSF映画『Z for Zachariah(原題)』では核戦争の生存者を演じた。マーゴットがこの映画に出演することが決まったのは撮影開始の5日前で、制作スタッフはパニックになっていたという。

「彼らは慌てていたわ。『ちくしょう、君に教えなきゃいけないことが山ほどある。ライフルの撃ち方だって教えなきゃいけないし』って感じで。でも、私は『ライフル?撃てます。トラクターの運転?できます。牛の乳搾り?できます』って答えたの。何にでも挑戦したわ」

何でもできることを証明しようと努力したおかげで、マーゴットは英国アカデミー賞の EE Rising Star賞にノミネートされた。他の候補者にはジャック・オコンネル(Jack O'Connell)、マイルズ・テラー(Miles Teller)、シャイリーン・ウッドリー(Shailene Woodley)、ググ・ンバータ=ロー(Gugu Mbatha-Raw)がいる。

英国アカデミー賞の各賞の中で、この賞のみ一般からの投票で受賞者が決まる。結果は現地2月8日に発表される。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.07.14(Wed)

【最新版】安全な眉毛アートメイククリニックBEST3 | 絶対に失敗したくない初心者向け
GLAM Editorial

2021.07.12(Mon)

ヘアラインのアートメイクって実際どうなの?気になるデメリットについて解説!
GLAM Editorial

2021.07.07(Wed)

アイラインのアートメイクをしている芸能人7選|気になるデザインについても解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.06.30(Tue)

【2020年最新版】接触冷感素材がトレンド!おすすめの接触冷感アイテム12選
nanat

2020.04.20(Mon)

お家デートも安心!おすすめのかわいいルームウェア6選
GLAM Editorial

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial