GLAM Editorial

2014.12.26(Fri)

6週間で27kgも減量したマーク・ウォルバーグ、ダイエット中の“主食”はアーモンド・ミルク!

マーク・ウォルバーグ

役作りのために60ポンド(約27.2 kg)も減量した米俳優マーク・ウォルバーグ(Mark Wahlberg, 43)が、その過酷なダイエット法を明かした。新作映画『ザ・ギャンブラー(原題)/The Gambler』で賭けごとにおぼれる大学教授ジム・ベネット役を演じたマークは、197ポンド(約89kg)だった体重をわずか6週間で137ポンド(約62kg)に落とした。食べられないことはつらくなかったというマークだが、アーモンド・ミルクをひたすら飲み続ける生活には心底うんざりしたようだ。

「減量はしんどかったよ。みんなが俺のことを避けていたからね。飲んでばかりいなくちゃならないなんて、最悪だと思わないか?食べられないことより、そのほうが10倍つらかったよ」と、マークはColider.comのインタビューで話している。

監督のルパート・ワイアット(Rupert Wyatt)とプロデューサーのアーウィン・ウィンクラー(Irwin Winkler)から撮影が始まるまでに減量してほしいと要求されたマークは、栄養士と医師が考案した食事プランに従ってダイエットを行った。「朝は牛乳みたいなものにレモンを入れて飲み、食物繊維をスプーン1杯分入れた8オンス(約230ミリリットル)のアーモンド・ミルクを午前中と夕方に飲む生活を6週間も続けたんだ」と、マークは明かしている。大量のアーモンド・ミルクを飲む生活を6週間続けた後、マークは緑色の野菜と少量のたんぱく質を食事にプラスすることになった。予定通り撮影前に減量を成功させたマークだが、その頃には食べ物のことばかり考えるようになっていたという。「普通に食べてもいいようになるまで、俺は食べ物のことばかり考えていたよ。まるで取りつかれたようにね」と、マークは当時の自分について話している。

食べられなくても食べ物の匂いだけで満足するようになっていたマークは、ダイエットが終了すると食べたい物を片っ端から食べたらしい。「朝ごはんを大量に食べたよ。パンケーキにジャガイモのソテー、それにイングリッシュ・マフィンも食べたね。口当たりが軽くなるから、マフィンは焼いたほうが好きなんだ。トーストしたマフィンを食べながら、“ずっとこれが食べたかったんだよな!”って思ったよ。普段はマフィンなんか食べないんだけれどね。でも、朝ごはんを食べ終わったら気持ちが悪くなってしまったよ」と、マークは打ち明けている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

2021.06.11(Fri)

ニップルアートメイクとは?|どのような方におすすめなのかも合わせて解説
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.05.12(Wed)

【おすすめレシピ本】Instagramでも話題!人気の芸能人のレシピ本7選
GLAM Editorial

2020.10.14(Wed)

一生もののトレンチコートを見つけたい!おすすめ商品6選
GLAM Editorial

2021.05.26(Wed)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial