GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2014.12.02(Tue)

ココ・ロシャ、米Vogue誌での初めての撮影時のご褒美はボーリングだった!

ココ・ロシャ

カナダ出身の人気モデル、ココ・ロシャ(Coco Rocha、26)。10代で発見され、モデルとして大きな成功をおさめている彼女だが、人気モデルとしてのあれこれをブログに綴り、多くのフォロワーを持っていることでも知られている。

最近では、そのブログの中で、世界で最も大きな雑誌のひとつである米Vogue誌での初めて撮影の時のことを振り返っている。その撮影は、同誌のクリエイティブディレクターあるグレース・コディントン(Grace Coddington)の監修の元、アーサー・エルゴート(Arthur Elgort)が撮影を担当して米メイン州で3日間にわたり行われた。

「小さな漁村に行って、わたしと同じ10代の若い漁師にわたしと一緒に舟に乗って写真の中に入ってほしいとお願いしたの。そうしたら、村中が彼のために喜んでくれて、総出で見物に来てくれたのよ」と、ココは書いている。

「一日の仕事が終わって、町の若者たちはボーリングに行くことにしたのよ。そしたら、グレースが『あなたも一緒に行くべきよ。バレンシアガ(Balenciaga)を着せてあげるから、ボーリングに行ってらっしゃい!』と言ってくれたの。ちょっと不安だったから、彼女とアーサーと三人だけで夕食できないかといったのだけれど、『ダメ!お金を少し渡してあげるから、地元の若い子たちと遊んでらっしゃいな!』と、グレースは執拗だったから承諾して、さすがにバレンシアガでなく自分でもって来た普段着を着て、メインの田舎で若い子たちとボーリングをしてきたわ!」

その後、ココは、ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)やシャネル・イマン(Chanel Iman)などと並び、米Vogue誌カバーも飾るほどの人気モデルに。しかし、ココにとって、米Vogueでの初めての撮影は、永遠に記憶に残る経験だったようだ。

「米Vogueでの初めての撮影の間ずっと、グレースとアーサーがやさしい自分の叔父伯母であるかのように感じたわ。すばらしい経験だった。でも、いま思い返すと、あの時バレンシアガを着とけばよかったと、ちょっと後悔・・・」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.04.23(Thu)

田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team