Clozette
Clozette

2019.09.03(Tue)

瀬戸内国際芸術祭でアートと自然を思いっきり楽しもう!

アートに浸ること、そして自然を感じることは、リラックス効果をもたらしひらめきを与え、心と体を元気にしてくれます。もし、アートと自然を一緒に体験することができたら素敵だと思いませんか。

「瀬戸内国際芸術祭」ならできちゃいます! 瀬戸内地方で開催されるこの芸術祭は、2010年にスタートし、今年で4回目を迎えた「瀬戸内国際芸術祭2019」。瀬戸内芸術祭は、3つの季節をまたいで開催されます。4月26日から5月26日までは「ふれあう春」、7月19日から8月25日までは「あつまる夏」、9月28日から11月4日までは「ひろがる秋」をテーマにしています。瀬戸内国際芸術祭は3年に1度開催される現代アートの祭典です。

美しすぎる直島のビュー!

瀬戸内国際芸術祭とは

まるで絵のような美しさの瀬戸内の島々は、それ自体が芸術といった印象です。瀬戸内国際芸術祭は、島が会場になっているので、移動にはフェリーを使います。

女木島の名画座

瀬戸内国際芸術祭が他の芸術祭と違い、ここまで注目を集め、たくさんの人々が訪れるようになった理由のひとつに、「海の復権」や「おじいさん、おばあさんの笑顔を見たい」というコンセプトのもと、現代アートを通して、島の生活や文化、歴史の新たな価値を生み出すことに注力したことが挙げられます。作品の展示には、既存の美術館やギャラリーを使うのではなく、空き家や古民家を使う。そして、それ自体が島の中に溶け込み、新たな芸術として蘇ります。瀬戸内国際芸術祭は、開催するたびに新たなアートを生み出していると言えるのです。

瀬戸内は美しい自然に恵まれていますが、瀬戸内国際芸術祭で展示される芸術作品は、それを超える素晴らしさを持ち合わせ、目にも心にも”ごちそう”となるのです。瀬戸内国際芸術祭の会場を視察した平井卓也IT・科学技術担当相は「アート作品を作った人たちの想いと、自然が作り出すオンリーワンの景色が一緒になって、大きな価値を生み出すということを改めて実感しました」とコメントしています。

では、ここからは、瀬戸内国際芸術祭でぜひ訪れてほしい3つの見どころをご紹介していきます。

驚きにあふれる女木島

「カモメの駐車場」(木村崇人)

まず最初に目にするのは、木村崇人による「カモメの駐車場」です。約300羽のカモメの風見どりが女木島港の堤防にずらりと並んでいます。風が吹くとカモメたちが向きを変える姿が見どころで、見えない風の流れを教えてくれますよ。

レアンドロ・エルリッヒ(Leandro Erlich)による「不在の存在」は、必見。本作は2010年に制作・展示されて以降、現在も展示されています。「不在の存在」とは、「Invisible(見えないもの)」と「Double Tea(二重の茶室)」の二つの作品からなるアートです。茶室では自分自身とお茶している不思議な感覚を体験できます。また、瀬戸内国際芸術祭のために新しく建てられたレストランには、真っ白な石が敷き詰められた中庭があります。「誰かの足音がする」と庭に目をやると、なぜか石の上に足跡が!!

巧みな視覚のトリック、ユーモア溢れる仕掛けを楽しんでみて。ちなみに、レアンドロ・エルリッヒの有名な作品のひとつ「スイミング・プール」は金沢21世紀美術館に展示されています。

そのほかにも見どころはたくさんあります。島に暮らす人たちにとって便利なもの、そして芸術祭を訪れる人々にとって魅力もある、そんな特色あるスポットをアーティストが企画し、制作する「島の中の小さなお店」プロジェクトは、アートでありながら現実的に役立つ「小さなお店」のテーマパークです。

依田洋一郎の「女木島名画座」やレアンドロ・エルリッヒの「ランドリー」や原倫太郎と原游による「ピンポン・シー」、ヴェロニク・ジュマールの「カフェ・ドゥ・ラ・プラージュ」など、中里繪魯洲の「こころのマッサージサロン」など。魅力的なアート作品が並びます。

次は直島へ!

絶大な人気を誇る草間彌生のアート。彼女の作品が好きという方にとっては、直島はとても魅力的なスポットです。草間彌生のアート作品を2つも見ることができます。まずは草間彌生の代表作「黄かぼちゃ」です。彼女の作品の特徴でもある水玉・ドット、かぼちゃをモチーフにした「黄かぼちゃ」は、1990年代からこの場所にあり、ここにはフェリーが港に近づくと、真っ先に目に入る「赤かぼちゃ」もあり。「ようこそ、アートの島・直島へ」とお出迎えしてくれます。

The Red Pumpkin © Yayoi Kusama, 2006 Naoshima Miyanoura Port Square

「ベネッセハウス ミュージアム」は自然、建築、アートの共生をコンセプトに、サイトスペシフィック・ワークなどを展示しています。いわば美術館とホテルが一体となっているイメージです。

そのほか、藤本壮介の「直島パヴィリオン」や李禹煥の「李禹煥美術館」や安藤忠信の「地中美術館」など見るものを驚かせるアート作品にあふれています。

高松港ではココをチェック!

リン・シュンロン(Lin Shuen Long)の「国境を越えて・海」は、漂流の末にたどり着いた「種の船」を表現しています。広場にこつ然と現れた巨大な種の船。2013年時には豊島の海岸にあったのですが、そこから台湾へ渡り、2016年から高松港へと移動しています。まさに高松港へたどり着いた船なのです。

「Liminal Air -core-」(大巻伸嗣)

大巻伸嗣の「Liminal Air -core-」は高松港にそびえ立つカラフルな2本の柱です。柱の一部が鏡面になっていて、港の移りゆく景色、周囲の情景を美しく映し出します。

瀬戸内国際芸術祭の魅力を感じていただけたでしょうか。「行ってみたい」という気持ちになったという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※英語サイトに移動します

OTHER ARTICLES

2019.10.24(Thu)

海の幸、日本酒に舌鼓! おいしい金沢を堪能しよう
Clozette
Clozette

2019.09.30(Mon)

絶景の富士山が堪能できるおすすめの温泉宿5選
Clozette
Clozette

2019.08.27(Tue)

金沢のおすすめスポット。ここを見れば大丈夫! 1泊旅行で満喫できる観光名所
Clozette
Clozette

RECOMMEND

2018.10.05(Fri)

ピンクサンセットや上空からの絶景に大興奮! 今こそ行きたい、ダイナミック・ハワイ島
國方 麻紀
國方 麻紀

2019.09.06(Fri)

【GLAMなオトコ】Vol.26小栗旬、本能と衝動で生きた色男の文豪、太宰治への共感と羨望とは?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.07.17(Wed)

【女の履歴書】Vol.9 映画監督兼ファッションブランドPR穐山茉由「仕事と映画作りの両立に大切なのは“バランス感覚”」
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team