GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.11.07(Sat)

離婚したグウェン・ステファニー、ブレイク・シェルトンと熱愛! 広報担当者が認める

グウェン・ステファニー

 ノー・ダウト(No Doubt)のグウェン・ステファニー(Gwen Stefani)が、オーディション番組「ザ・ヴォイス」で共に審査員を務めるカントリー歌手のブレイク・シェルトン(Blake Shelton)と交際していることを彼女の広報担当者が認めた。

 それぞれ最近離婚に踏み切った2人の熱愛を複数のメディアが伝えていたことから、広報担当者は4日、米Us Weekly誌に対し次のように語り、交際を事実として認めた。

 「グウェンとブレイクは長年の友人同士で、つい最近になって交際するようになりました」

 2人は先週末、ロサンゼルス市内で開かれた複数のハロウィーンパーティーで仲睦まじい様子を目撃されていた。グウェンは3日、ラジオDJのライアン・シークレスト(Ryan Seacrest)の番組で熱愛の噂について質問され、こう答えていた。「ブレイクって誰? 確かにイケメンだと思うけど」

 「ザ・ヴォイス」での共演に加え、2人は最近、それぞれ離婚でメディアの注目を集めた。ブレイクは7月、同じく人気カントリー歌手のミランダ・ランバート(Miranda Lambert)と結婚から4年で別れており、その1ヶ月後にグウェンが英ロックバンドのブッシュ(Bush)で知られ、3男をもうけた夫ギャヴィン・ロスデイル(Gavin Rossdale)との離婚を発表した。

 Us Weeklyは事情通の話として、ブレイクは4日にあった2015年「カントリー・ミュージック・アワード」(CMAs)授賞式の後、アフターパーティーにグウェンを同伴するつもりだと報じていた。ブレイクとミランダは同授賞式で複数の部門でノミネートされていた。

 ブレイクは以前、授賞式は気まずいものになると認めており、友人や授賞式の司会を務めたブラッド・ペイズリー(Brad Paisley)、キャリー・アンダーウッド(Carrie Underwood)も夏の離婚を話題にすると覚悟していた。

 「今年のCMAsはバツの悪いものになりそうだよ。僕らはみんな家族で、誰もが友だちだからね」とブレイクは深夜トーク番組で司会のセス・マイヤーズ(Seth Meyers)に打ち明けた。「僕とミランダ(のジョーク)が話題になるのは間違いないよ。ブラッド・ペイズリーは、もし『アハ! 逃げてもダメだよ! みんなが避けている話題に触れないと!』と言わなければ、司会としての仕事を果たしていないことになる」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2020.09.25(Fri)

『美肌菌』のメカニズム、知ってますか?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.18(Fri)

ドルガバのライトブルーってどんな香水?魅力を知って香りを楽しもう
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.09.17(Thu)

女性向けおしゃれなボールペン5選。デキる女は筆記具もこだわる
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.11.19(Tue)

ギフトにも最適! 今、気になる最新おしゃれ家電7選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.01.31(Fri)

【女の履歴書】Vol.11 バリーズ株式会社 代表取締役CEO野々村菜美「旅はきっかけ。TabiMUSEを通して女性が変...
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.05.01(Fri)

【タイプ別】あなたのストレスに合うおすすめのストレス解消法10選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team