GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.10.07(Wed)

オシャレ上級者のケイト・ブランシェット、下着選びのセンスには自信なし?!

ケイト・ブランシェット

アカデミー賞を2度も受賞しているオーストラリア出身の女優ケイト・ブランシェット(Kate Blanchett, 46)が、実は下着選びが大の苦手だと告白した。レッドカーペットでは有名デザイナーのドレスを見事に着こなしているケイトだが、下着選びのセンスにはまったく自信がないらしい。「引き出しにしまわれた私の下着を見たら、ぎょっとするんじゃないかしら。私が写真撮影の仕事を引き受けているのは、もっと下着を買うためなのよ」と、ケイトはPeople Styleのインタビューで笑いながら話している。「私は高校時代に母が作ってくれたパンツを今でも持っているのよ。なぜかわからないけれど、私は下着売り場に行くと動揺しちゃって何を買えばいいのかわからなってしまうの。だから、すっかり古くなったグレーの下着をいまだに持っているのよね」。

ケイトは母のジューン(June)さんが作ってくれた服や下着が、とても気に入っているのだという。「私がデッザンを描くと、母はその通りに作ってくれたわ。私の母はとてもクリエイティブな人なのよ」と言ってケイトは笑顔を見せた。

ケイトは肌を紫外線ダメージから守ることの重要性をジューンさんから教えられた。透き通るような白い肌をもつケイトは、若き日に日焼けをしようとして母にたしなめられたことがあるという。「私はかなり色白だから、肌にベビーオイルを塗って屋根の上で肌を焼こうとしたの」と、ケイトは説明している。「夏の間ずっとそんなことをしていたら、母に注意されたわ。“もうやめなさい。肌が傷んでしまうわよ”ってね。それから母は皮膚がんについて話してくれたの。私はそれ以降、ゴス系に方向転換して髪を染めたりしたわ」。

アンチエイジングに抜群の効果を発揮するコスメのブランド「SK-II」のイメージモデルを務めているケイトは、透明感のある素肌を維持するために同ブランドの「ミッド・デイ ミラクルエッセンス」やアイクリーム、トリートメント・オイルを愛用しているという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.11.26(Thu)

【2020年度最新版】田中みな実さんになりたい!インスタや雑誌で話題のスキンケア
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.01(Mon)

あなたの「ワキポツ」、目立ってない?ノースリーブ×つり革に自信の持てないアナタに。
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2019.12.16(Mon)

30代女性×レビュー高評価×プチ贅沢価格で厳選! 東京ご褒美レストラン10
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2019.07.11(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.94 洗練された大人カフェ♡「東京カンパネラ」のコンセプトカフェで魔法のティ...
CHOCO
CHOCO

2020.04.22(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team