GLAM Editorial

2015.10.07(Wed)

オシャレ上級者のケイト・ブランシェット、下着選びのセンスには自信なし?!

ケイト・ブランシェット

アカデミー賞を2度も受賞しているオーストラリア出身の女優ケイト・ブランシェット(Kate Blanchett, 46)が、実は下着選びが大の苦手だと告白した。レッドカーペットでは有名デザイナーのドレスを見事に着こなしているケイトだが、下着選びのセンスにはまったく自信がないらしい。「引き出しにしまわれた私の下着を見たら、ぎょっとするんじゃないかしら。私が写真撮影の仕事を引き受けているのは、もっと下着を買うためなのよ」と、ケイトはPeople Styleのインタビューで笑いながら話している。「私は高校時代に母が作ってくれたパンツを今でも持っているのよ。なぜかわからないけれど、私は下着売り場に行くと動揺しちゃって何を買えばいいのかわからなってしまうの。だから、すっかり古くなったグレーの下着をいまだに持っているのよね」。

ケイトは母のジューン(June)さんが作ってくれた服や下着が、とても気に入っているのだという。「私がデッザンを描くと、母はその通りに作ってくれたわ。私の母はとてもクリエイティブな人なのよ」と言ってケイトは笑顔を見せた。

ケイトは肌を紫外線ダメージから守ることの重要性をジューンさんから教えられた。透き通るような白い肌をもつケイトは、若き日に日焼けをしようとして母にたしなめられたことがあるという。「私はかなり色白だから、肌にベビーオイルを塗って屋根の上で肌を焼こうとしたの」と、ケイトは説明している。「夏の間ずっとそんなことをしていたら、母に注意されたわ。“もうやめなさい。肌が傷んでしまうわよ”ってね。それから母は皮膚がんについて話してくれたの。私はそれ以降、ゴス系に方向転換して髪を染めたりしたわ」。

アンチエイジングに抜群の効果を発揮するコスメのブランド「SK-II」のイメージモデルを務めているケイトは、透明感のある素肌を維持するために同ブランドの「ミッド・デイ ミラクルエッセンス」やアイクリーム、トリートメント・オイルを愛用しているという。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.06.17(Thu)

オーバーリップアートメイクで魅力的な唇を手に入れよう!|オーバーリップの注意点もあわせて解説!
GLAM Editorial

2021.06.15(Tue)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
GLAM Editorial

2021.06.12(Sat)

夏の臭いケアにおすすめ!おしゃれな制汗スプレー9選
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.05.28(Fri)

【紫外線から肌を守る!】メイクしながらUVケアができる化粧品全6選!
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

【田中みな実のボディケアが知りたい!】美肌におすすめアイテム
GLAM Editorial

2021.05.18(Tue)

【UVケアできる化粧下地・コスメ特集】ブルーライトカットや日焼け止めにも!
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.10.10(Sat)

【秋の登山】かわいさと機能性のいいとこ取り!おすすめなレディースの服装9選
GLAM Editorial

2021.05.11(Tue)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
GLAM Editorial

2021.05.21(Fri)

眉毛のアートメイクをしている芸能人11選 | 完璧な眉毛は実はアートメイクだった!
GLAM Editorial