GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.06.22(Mon)

クリス・ジェンナー、「リベンジ婚」を計画中?

クリス・ジェンナー&コーリー・ギャンブル

リアリティTV番組「Keeping Up with the Kardashians」で有名なクリス・ジェンナー(Kris Jenner、59)は、元陸上十種競技選手の夫ブルース・ジェンナー(Bruce Jenner)と24年間の結婚生活の末に今年正式離婚。ブルースは今年の初めに性転換をし、名前もケイトリン・ジェンナー(Caitlyn Jenner)としたことをカミングアウトし、オリンピックの元金メダリストの性転換はメディアから大きな注目を集めた。

一方クリスは、2014年11月から自身のロード・マネージャーであるコーリー・ギャンブル(Corey Gamble)とデートを繰り返してきた。そして最近、クリスはふたりの婚約を発表し、メディアの扱いを自分に優位に展開しようと目論んでいるという。

「コーリーとの仲は本物と、彼女自身は宣言していますよ。でもね、これは、あのかわいそうな男が使われているにすぎないでしょう。そんなことはだれの目にも明らかです」と、ある事情通はRader Onlineで伝えている。

「この状況下で、自分のそばに男がいないとまずいと、クリスはそう思ったんでしょう。自分はもっと普通の人間であると印象づけようとしているのです。コーリーと何らかの契約を結んでいる可能性もあります。彼女にしてみれば、てっとり早くこの局面を打開したいでしょうから」

クリスがコーリーとの結婚を急ぐのは、「ケイトリン・カミングアウト」事件以降における彼女のメディアでの扱われ方に不満を募らせているからだとも言われている。彼女がとりわけ頭に来ているのは、ひとつにはメディアでケイトリンとクリスの見かけの美しさがしばしば比較されていることにもあるらしい。

「それに加えて、彼女には思いもよらなかったことでしょうが、クリスのヘアとメイクを担当しているチームが、いつ連絡しても、忙しいからクリスの仕事ができないと言い始めたらしいのです。そこでクリスが調べてみると、なんと彼らは、マリブにいるケイトリンのもとで働いていました」 と、ある関係者がAmerica’s Star誌にさらに語っている。

「クリスは、ケイトリンが彼女の美容担当チームを引き抜いたことに呆然としたようです。あのチームは、クリスが育て上げたようなものですからね。それをケイトリンが重々知りながら、恥知らずにも彼らを横取りしたと言って、クリスは相当腹を立てています。でもね、実のところ、クリスは性格が良い人間とは、とてもじゃないけれど言えない。だから周りの人間も、ケイトリンのほうと仕事がしたいと思っても無理はないんですよ。ずっとストレスは少ないし、ひどい扱いを受けることもないから…」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2021.01.27(Wed)

ハイセンスでカッコいい!アラサー女性におすすめのSUV(外車)5選
yoko_yamamoto
yoko_yamamoto

2020.10.06(Tue)

キャンプのときの化粧はこれがあれば大丈夫!持っていきたい化粧品6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.11.25(Wed)

レディースダウンジャケット【30代に】おすすめブランド5選
Saki
Saki