GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.04.04(Sat)

『アナ雪』でオラフを演じたジョシュ・ギャッド、ベイマックス好きな娘に困惑!

ジョシュ・ギャッド

 俳優のジョシュ・ギャッド(Josh Gad, 34)は、娘が『ベイマックス』の話をするたびに、一家が「オラフの家」で暮らしていることを思い出させている。

 ジョシュは世界中で大ヒットしたディズニーの『アナと雪の女王』でフレンドリーな雪だるま・オラフの声優を務めた。当初、娘のアヴァ(Ava)ちゃんは父親が『アナ雪』に関わっていることに興奮していたが、やがてその興味は別のものに移っていったようだ。

 「4歳になる娘は、こういう映画を観ながら育ったと言ってもいいくらいなんだ。だから『アナ雪』に出たときは、すごく喜んでくれた。でも、もうすっかり飽きてしまったんだ。影も形もないくらいに」とジョシュは米トーク番組で司会のデヴィッド・レターマン(David Letterman)にため息をついてみせた。「『ベイマックス』って知ってるかい? 娘は今、そのベイマックスに夢中なんだ。だから娘が『パパ、ベイマックスが大好き』なんて言うたびに、一歩下がらせなくちゃいけない。『本当かい? ベイマックスはこの家の屋根のお金を払ってくれたのかい? ベイマックスは私立校の授業料を払ってくれるの? そんなことはない。この家の中で好きでいていいのはオラフだけだよ』って言い返すんだ」

 ベイマックスは病気の人たちを助けるためにつくられた、空気充てん式の大きなケアロボットだ。

 アヴァちゃんが『アナ雪』への興味をなくしてしまったとはいえ、ジョシュはこの作品に関われて良かったと今も感じている。何はともあれ、自分にとってのヒーローの向こうを張るチャンスを得ることができたからだ。

 「アフレコは約2年というスパンで行われたから、おそらく10回のセッションだったと思う。でも最高の経験で、役になりきることができたよ」とジョシュは説明した。「子どもの頃に大好きだったアニメーション映画は『アラジン』で、ジーニーを演じたロビン・ウィリアムズ(Robin Williams)---冥福を祈ります---は史上最高のパフォーマンスをやってみせた。あんな風に挑戦して発見する経験をやってみたかったんだ」

 ジョシュと妻のアイダ・ダーヴィッシュ(Ida Darvish)は、他にも昨年2月に誕生した娘のイサベル(Isabelle)ちゃんを授かっている。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2021.05.10(Mon)

手軽に低GI食品を摂りたい!コンビニで買えるおすすめの低GI食品を紹介
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.09(Sun)

眉毛アートメイクの値段相場は?失敗するとどうなる?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.05.08(Sat)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.06.13(Thu)

【CHOCOの“おいしいは正義!”】Vol.90 映画のような世界が広がる♪ 〜HOTEL EMANONで過ごす特別な時...
CHOCO
CHOCO

2020.05.16(Sat)

室内でも日焼けするって本当?おすすめの日焼け止めサプリ10選
nanat
nanat

2020.12.10(Thu)

30代女子の強い味方!アラサー世代が選びたいおすすめスキンケアアイテム10選
GLAM Editorial
GLAM Editorial