GLAM Editorial
GLAM Editorial

2014.11.15(Sat)

独身貴族のジェラルド・バトラー、子どもがほしい気持ちをほのめかす?

ジェラルド・バトラー

 スコットランド出身のジェラルド・バトラー(Gerard Butler, 44)はハリウッドでもトップクラスの人気俳優として知られ、『エンド・オブ・ホワイトハウス』やその続編『London Has Fallen(原題)』に出演してきた。

 役者としてのキャリアは順調な一方で、ジェラルドは別の仕事をしていたほうが良かったかもしれないと思うことがあるようだ。

 ジェラルドは独版Glamour誌とのインタビューで、役者として活動する前にしていた弁護士の仕事を続けていたらどうなっていたかと問われると、「市街地でいい家に住み、メルセデスでも転がしていたんじゃないかな」と答えた。「それに、結婚して子どももいただろう。そっちのほうが良かった」

 「家庭的になるには今が良い時だ。まだ独身でいる理由の一つは、この仕事かもしれない。たくさんの冒険、楽しみ、そして独立を与えてくれる。でも子どもを育てるという考えもステキだね」

 スコットランドの法科大学を卒業後、ジェラルドはエジンバラの弁護士事務所に見習いとして就職。しかしこの会社では物事が想定通りには運ばなかったようだ。

 「解雇されたんだ」とジェラルドが認めた。「良い仕事をせず、パーティーに明け暮れていた。上司は僕が役者になりたいことを知っていた。だからこう言われたんだ。『本当にやりたいことをやるべきじゃないか』とね」

 そんなジェラルドは以前、役者になったのは有名になりたいという不純な動機だったと認めたことがある。しかし有名人としてのステータスには不都合な面があると知ったのは、かなり時間が経ってからだったようだ。

 ハリウッドで経験した一番つらい教訓は何かと質問されたジェラルドは、「パパラッチだよ」と答えた。「彼らのおかげで生活がかなり制限される。もうどこにも自由に行けなくなった。車の後をつけてくるし、レストランではダラダラすごして嫌がらせをしてくる。他の客も不便を感じ、それが自分のせいだと感じるんだ」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.09.04(Fri)

スポーツブラおしゃれブランド5選!楽しく身体を動かそう!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.09.06(Sun)

リラックスできるアロマオイルおすすめ6選!一日の疲れを癒そう
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.07(Mon)

「2021最新版」 田中みな実さんの愛用コスメ16選!一挙公開
GLAM Editorial
GLAM Editorial