GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.08.25(Tue)

『フィフティ・シェイズ』続編の監督にジェームズ・フォーリーが内定!

ダコタ・ジョンソン&ジェイミー・ドーナン

 ジェームズ・フォーリー(James Foley)が大ヒット作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編『Fifty Shades Darker(原題)』の監督に内定したと報じられた。

 報道によると、米人気ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などで知られるジェームズが監督の筆頭候補に挙がっているという。ジェームズは原作小説の筆者E.L.ジェイムズ(E.L. James)と折り合いが悪くなったことで続編から降板したサム・テイラー=ジョンソン(Sam Taylor-Johnson)監督からバトンを引き継ぐことになる。E.L.は続編でプロデューサーを務め、夫のナイオール・レナード(Niall Leonard)が脚本を手がけるという。

 ジェイミー・ドーナン(Jamie Dornan)とダコタ・ジョンソン(Dakota Johnson)がそれぞれ主役のクリスチャン・グレイとアナスタシア・スティールを再演する。制作は2016年にスタートし、2017年2月14日の公開が仮決定している。

 ユニバーサル・ピクチャーズのドナ・ラングレー(Donna Langley)会長は先日、続編について語った際、前作よりも「スリラー的な内容になる」と認めている。第1作はセクシーなシーンが満載だったが、第2作は過激さを増すという。

 また、米TVシリーズ「ギルモア・ガールズ」で知られる女優のアレクシス・ブレデル(Alexis Bledel)が続編に出演するとも報じられている。アレクシスはかつてクリスチャンに服従していた女性の1人、レイラ・ウィリアムズ役での出演で交渉中だと言われている。

 批評家からの評価は芳しくなかったものの、『フィフティ・シェイズ』は世界中で大ヒット。続編も同じ規模の成功が見込まれている。

 同シリーズは2018年に公開予定の第3作『Fifty Shades Freed(原題)』で幕を閉じる。

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.02.05(Fri)

花粉肌荒れに悩んでるなら必見!"花粉肌荒れ"対策コスメ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.18(Mon)

年末年始の食べ過ぎをなかったことに!おすすめのリセットレシピ5選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2020.04.01(Wed)

“メイク崩れはスキンケアで 予防するのが正解。”映える美肌つくりませんか?
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2019.12.03(Tue)

【女の履歴書】Vol.10 アーティスト・伊藤千晃「仕事も子育ても楽しくやりたい。笑顔があるところにいいものが生まれると...
GLAM Editorial
GLAM Editorial