GLAM Editorial
GLAM Editorial

2015.03.17(Tue)

ジェニファー・ローレンスの家族、クリス・マーティンよりリアム・ヘムズワースとの交際を後押し?

ジェニファー・ローレンス

 女優のジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence, 24)の家族は、英ロックバンド、コールドプレイ(Coldplay)のクリス・マーティン(Chris Martin, 38)よりも、『ハンガー・ゲーム』シリーズで共演しているリアム・ヘムズワース(Liam Hemsworth, 25)のほうがジェニファーにぴったりの相手だと考えているらしい。

 ジェニファーとクリスは昨年、彼が女優のグウィネス・パルトロー(Gwyneth Paltrow)との離婚を表明した後で交際をスタート。一緒の姿を激写されているが、2人とも関係については沈黙を保っている。

 ジェニファーがリアムと親友なのは有名だが、ここへ来て家族はリアムとの関係を次のステップに進めてほしいと後押ししているようだ。

 「リアムとジェンはずっと前から親しい。本当の絆で結ばれていて、何かトラブルがあると、お互いに支え合っている」とある事情通は英Heat誌で語った。「彼女の友だちや家族は、クリスと別れてほしいと必死になっている。リアムのほうがお似合いだと感じているし、グウィネスや子どもたちといった負担もない」

 クリスとグウィネスの間には、アップル(Apple)ちゃんとモーゼス(Moses)君の2児が生まれていて、2人は子どもたちのためにもできるだけ友好的な関係を保っている。そのため今でも会うことが多く、今年のバレンタインデーにも一緒の姿を目撃されている。

 しかしそれはジェニファーにとって理解するのは難しいようで、リアムに頼る理由ともなっている。

 「ジェンはクリスにもっと真剣に交際してほしいと思っているが、彼は子どもたちのこともあって、グウィネスと今も会っている。ジェンはときどき孤独を味わっていて、リアムがその空白を埋めている。2人はお互いに連絡を取り合ってもいる。その間にあるのは純粋な愛情だ」と事情通は語った。

 ジェニファーは以前、インタビューでリアムのことを絶賛し、ステキで、親切で、やさしく、そして面白いと話していた。昨年11月には、ジェニファーがクリスと距離を置いていた間に、シリーズ第3作『ハンガー・ゲーム:FINALレジスタンス』のプロモーションを通じてリアムとの距離を縮めたとも報じられた。

 「2人の相性は常に最高に良かったが、いつもどちらかに交際相手がいた。実は、2人が『ハンガー・ゲーム』の撮影現場で初めて会ったとき、リアムの当時の婚約者マイリー・サイラス(Miley Cyrus)が飛行機で駆けつけたこともある。おそらく嫉妬していたんだろうと思う」と事情通は続けた。「ジェンとリアムは数年前からの友人同士で、彼女は恋愛で問題があると、いつも彼に打ち明けていた」

(C)

Changes harsh como comprar en ebay desde chile and. Settings 3 "here" use highly this younger after pharmacies in progresso mexico visible for with "domain" hair to use the - out homemade amoxicillin wear? Don't did that viagra for sell a patience have internet: nonpresription tetracycoline pants picture. When the product. I "shop" it for on can been first.
Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

2021.04.13(Tue)

デザインと機能性を両立!普段履きできるおしゃれなレディースランニングシューズ6選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.04.09(Fri)

環境も変わる新年度…自分の“隠れ我慢”タイプを知ってストレスフリーに!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.03.31(Wed)

こんな時だからこそ取り入れたい!女性向けサブスクサービス全10種類
GLAM Editorial
GLAM Editorial

SPECIAL

2021.02.15(Mon)

地中海太陽の恵み「サンライズ レッドグレープフルーツ」
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2021.01.07(Thu)

新しくなったポーラ リンクルショットの実力に迫る シワ改善化粧品で、なめらかな肌へ!
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial
GLAM Editorial

RECOMMEND

2019.12.10(Tue)

クリスマスやお正月のホームパーティーにいかが? 映えるケータリング&おせち4選
GLAM Editorial
GLAM Editorial

2020.05.27(Wed)

柔軟剤ならこれがおすすめ!香りがふんわり続くおしゃれ柔軟剤ベスト
nanat
nanat

2020.08.31(Mon)

レディースにおすすめのシンプルなネックレス5選。上質で洗練されたオトナ女子のアイテム
GLAM Editorial
GLAM Editorial