GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2015.02.28(Sat)

マーゴット・ロビー、レオナルド・ディカプリオを引っぱたいて出世作『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の出演をゲット!?

マーゴット・ロビー

 女優のマーゴット・ロビー(Margot Robbie, 24)が、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のオーディションでレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)の顔をアドリブで引っぱたき、出演を獲得した秘話を披露した。

 豪出身のマーゴットは2013年の同作で、実在の人物をモデルとし、レオが演じたジョーダン・ベルフォート(Jordan Belfort)の妻に扮した。しかしライバルがオーディションに殺到する中、マーゴットは主役のレオとのやり取りで暴力的な展開になり、あやうく出演のチャンスを逃すところだったという。

 「頭の中で、『この部屋にいられるのは文字通りあと30秒だけ、何か印象に残ることをしないと結果につながらない。人生でたった一度のチャンス。のるかそるかよ』と言い聞かせたの」とマーゴットは英Harper’s Bazaar誌で振り返った。

 「それで彼(レオ)に怒鳴り始めたら、彼も怒鳴り返してきた。すごく怖くて、勝てそうになかった。それで彼が最後に、『オレみたいな夫がいてラッキーだと思うべきだろ。もう忘れてキスしてくれ』と言ったの」

 マーゴットはその瞬間、選択肢は2つしかないと直感したという。レオにキスするか、事態をエスカレートさせるかのどっちかで、彼女は後者を選んだ。

 「それで彼の顔にすごく近づいて、『キスすべきかもしれない。レオ・ディカプリオにキスをするチャンスが今後いつあるっていうの?』と考えたわ」とマーゴットが明かした。「でも頭のどこかでカチッと音がして、『バチン!』と引っぱたいたの。そして『フ*ック・ユー!』と叫んだわ。そんなの台本に書かれていなかった。オーディションルームは完全に沈黙して、誰も動かなかった」

 マーゴットはレオの顔を引っぱたいた後、自分の行動で逮捕されるかもしれないと怯えたという。しかし結局、この大胆な演技は良い方向に働いたらしい。

 「『あのレオナルド・ディカプリオの顔を殴っちゃった。暴行罪で逮捕されるわ』と思った」とマーゴット。「『もうこの仕事が二度とできないのは確か。まだ撮影があるのに、顔にアザが残っていると訴えられる』と思うと怖かった」

(C) Cover Media

※写真と記事は必ずしも関連するとは限りません。

OTHER ARTICLES

NEW 2020.12.02(Wed)

みんな使い始めてる『ヒト幹細胞コスメ』、何がおすすめ?
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.27(Fri)

リモートワークで作業がはかどる!おしゃれな便利グッズ5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

SPECIAL

NEW 2020.12.01(Tue)

手持ちアイテムにプラスワン!注目の「衣類スチーマー」でワンランク上の自分へ
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.11.10(Tue)

吐息も近づきそうな夜”レディのたしなみ”を口元に
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

2020.06.10(Wed)

セルライト対策におすすめ!乾燥肌にも使える優しいボディケアオイル5選
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team

RECOMMEND

2020.07.05(Sun)

【2020年最新版】暑い夏もひんやり過ごしたい!快適夏グッズ 7選
nanat
nanat

2020.07.06(Mon)

【コロナ後のデートはどう過ごす?】雨の日でも行ける都内おすすめデートスポット7選
nanat
nanat

2020.10.12(Mon)

ゆったり癒される♪都内のおしゃれな温泉スポット7選!
GLAM Editorial Team
GLAM Editorial Team